« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年12月27日 (火)

南スーダン記録破棄

「特定秘密」に指定するまでもなく、廃棄によって「都合の悪い情報は亡き(無き)ものにする」。
こうなると隠しまくった挙げ句に、「政権交代」後にやっと全面開示されたイラクでの航空自衛隊の活動を記録した「週間空輸実績」の例が立派にみえてしまう。

黒塗りよりまだ、ひどいことが行われつつある。

・・・・・・・・・

アフリカの南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊部隊が、首都ジュバで七月に大規模な武力衝突が発生した際の状況を記録した日報が、廃棄されていたことが分かった。陸自の文書管理規則が定める三年間の保存期間に満たない。
南スーダンPKOは半年ごとに部隊が交代しており、七月に活動していたのは十次隊。ジャーナリストの布施祐仁(ゆうじん)氏が情報公開法に基づき、同月七~十二日の日報を九月末、防衛省に開示請求したところ、今月二日付で「既に廃棄しており、保有していなかった」とする通知を受けた。

 同省によると、陸自の文書管理規則では、PKO関連文書の保存期間の基準は三年間。一方で「随時発生し、短期に目的を終えるもの」や「一年以上の保存を要しないもの」は、例外的に一年未満で廃棄できる。

 同省統合幕僚監部の担当者は、廃棄の理由について「上官に報告した時点で、使用目的を終えた」と説明。これ以外の日報も、紙や電子データを含め、同様に廃棄しているという。

 陸自は、日報に基づき、後続部隊ヘの教訓をまとめた「教訓要報」を作成しており、当時の現地状況もこの中である程度記載される。しかし、原本に当たる日報が廃棄されてしまえば、治安の実態や自衛隊の行動について国民が正確に把握することが難しくなる。

 布施さんは「これが許されるなら、あらゆる報告文書はすぐに廃棄されてしまう。国民の検証のために公文書を保管する意識が欠如している」と批判する。

★東京新聞 2016.12.24朝刊
PKO部隊の日報廃棄 南スーダン7月の武力衝突 防衛省「目的終えた」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201612/CK2016122402000136.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

特定秘密保護法 12・4市民集会

*なくそう!特定秘密保護法 12・4市民集会

日時 12月4日(日)午前11時

場所 藤並公園(高知城東側)

プログラム

11:00  
・基調報告  岡田健一郎 (なくす会共同代表)
・情報統制の危険性をもつ特定秘密保護法と
 共謀罪の新設 青木宏治 (高知大学名誉教授)
・秘密指定について思うこと 片岡 彩 (学生)

・自由発言

11:40  ・デモ行進

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなことがあった

指定廃棄物火災~住民の生命・健康はまもられないのか?

2016年5月16日、郡山市産業廃棄物処理業者の保管庫内で火災が発生しました。
燃えたのは、8,000Bq/kg超の指定廃棄物の焼却灰で、環境省が引き取るまでの間事業者が保管していたものです。濃度は最大78,300Bq/kgとされています。
放射性物質を含む煙が長時間にわたって放出される間、周辺住民には何ら注意勧告はなされず、中には近くで田植えをしている人の姿もありましたが、何が燃えたのかすら知らされませんでした。

鮫川村仮設焼却炉の爆発事故においても周辺住民への緊急連絡はなされず、環境省の無責任な姿勢が厳しく問われる事態となりましたが、教訓は生かされず、産業廃棄物処理現場における指定廃棄物の安全対策は放置されたまま、緊急時に住民はまたも置き去りにされる状況にあることが露呈しました。

満田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »