« 岩国・F35B配備反対市民集会 | トップページ | TPP抗議集会 第3弾 »

2016年11月 9日 (水)

モンサントとバイエル

TPPが成立したら、未来の食卓はどうなるかと、とても怖くなってきました。

史上最悪の合併計画。悪魔の結婚?!遺伝子組み換え企業と製薬会社です。

田畑や作物を汚染してきた、米国のモンサント。ミツバチ激減の原因とされる農薬を製造する、ドイツのバイエル。その目的は、土に生える種から食卓まで、私たちの食糧をすべてコントロールし、生物の多様性や人々の健康を無視して、全世界で利益を上げることらしいです。

「環境最悪企業」と言われるモンサントを買収したバイエルの狙い(ハーバー・ビジネス・オンライン/日本語)
http://hbol.jp/110674

農家の購買選択肢狭く バイエルのモンサント買収、市場に懸念(SankeiBiz/日本語)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160916/mcb1609160500018-n1.htm

|

« 岩国・F35B配備反対市民集会 | トップページ | TPP抗議集会 第3弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/68348191

この記事へのトラックバック一覧です: モンサントとバイエル:

« 岩国・F35B配備反対市民集会 | トップページ | TPP抗議集会 第3弾 »