« 平和への権利宣言 | トップページ | 「放射線出前授業」 »

2016年9月23日 (金)

高江・機動隊

「 ヘリパッド建設に使用する砂利を積んだダンプカーを通すため、
機動隊を導入してN1表ゲートに座り込む市民の強制排除が行われた。
全国から動員された機動隊の暴力的弾圧なくしてヘリパッド建設は進められない。
沖縄に米軍基地を押しつけておきたい日本人の大多数の意思が、この機動隊の暴力を支えているのだ。 」

これは昨日9月21日をつづった芥川賞作家、目取真俊さんのブログ「海鳴りの島から」の激しい怒りの一節です。
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/4fe3d2c3a98ed4793a7e5e9f35a31ae1
画像と映像を交えてきのう1日が記されていますので、まずはおよみください。

昨日21日は「水曜行動」の日で、約200名の人があつまり座り込みをしました。
「ゲート前に座り込んだ市民を機動隊が強制排除し。ダンプカーを通していった。この日は10台のダンプカーがN1内に砂利を降ろし、ほかに20トントレーラー車5台がメインげート内に砂利を降ろしている。」(上記「海鳴りの島から」
結果は、午前中の搬入をくい止めたのです。

ロディーさんの写真集もどうぞ
http://shimazakirody.com/journal/%e9%ab%98%e6%b1%9f-5/#more-2388

田島

*******

テレビは連日、豊洲市場のことばかりである。
高江の報道など、まったくない。9月19日の全国での集会も報じられない。
国家に異議を唱える者たちの行動は、まるで存在しないかのようだ。メディアの愚かさを今さら、嘆いてもしようがない。声を上げ続けるしかないのだ。

高江の異常さは、安倍政治の専制、独裁をこれ以上ないほど表している。未来の国民の姿と重なる。自民党安倍総裁はまだまだ続くらしい。隣国の北朝鮮をとやかく言えるだろうか。私たちの日本国は、安倍将軍さまの国と化しているではないか。

|

« 平和への権利宣言 | トップページ | 「放射線出前授業」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/67619647

この記事へのトラックバック一覧です: 高江・機動隊:

« 平和への権利宣言 | トップページ | 「放射線出前授業」 »