« 【沖縄・高江発】警察が反対派市民をひき逃げ | トップページ | 「脱原発テント」の撤去命令が確定 »

2016年7月24日 (日)

機動隊員による首絞め事件・沖縄高江

安倍政権の「沖縄潰し」本土マスコミが伝えない機動隊の暴力ー高江ヘリパッド建設問題

志葉玲 | フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)
2016年7月23日 13時54分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20160723-00060291/

機動隊員による首絞め事件が起きたのは、午前9時過ぎ頃。ヘリパッド搬入口前にバリケードとされた車を撤去させる攻防で、抗議中の女性が機動隊員にロープで絞められ、救急車で搬送されるということがあった。その一部始終を見ていたという、別の女性はこう証言する。「彼女は車につなぎとめられたロープにつかまっていたんです。それを引きはがそうとした、機動隊員が彼女の頭部に絡まったロープを強引に両手で締め上げたんです。あれは事故ではなく、故意にやっていました」「彼女の身体は痙攣していました。本当に死んでしまうかと思いました。目の前取材をしていた独立系メディアの女性記者も、ショックを受け、過呼吸で失神する程だったのです」(目撃者の女性談)。結局、前日の21日を含め、5人が救急車で搬送されることになった。

〇「強制撤去に法的根拠なし」弁護士が指摘
激しいもみ合いになった一因は、機動隊はヘリパッドに反対する地元住民らが設置したテントやバリケードとして置かれていた車を撤去したからだが、「撤去には法的根拠がない」と現場に立ち会った小口幸人弁護士は指摘する。「テントに勝手に立ち入り、撤去すること、車をレッカーしていくこと、県道を封鎖すること、全て何の法的根拠もなしに行われています。機動隊員らが根拠とする警察法2条の『安全と秩序の維持』も訓示的なものであって、これをもって個人の自由を無制限に侵害できるわけではないのですが、機動隊の振る舞いは、政府が示した秩序を守るためには、沖縄県では何をやってもいい、という無茶苦茶なものですね」(小口弁護士)。

*******

本土のメデイアは沖縄をほとんど伝えない。これほどのことが行われているのに!

|

« 【沖縄・高江発】警察が反対派市民をひき逃げ | トップページ | 「脱原発テント」の撤去命令が確定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/66652915

この記事へのトラックバック一覧です: 機動隊員による首絞め事件・沖縄高江:

« 【沖縄・高江発】警察が反対派市民をひき逃げ | トップページ | 「脱原発テント」の撤去命令が確定 »