« 防衛省公募に応募した大学学長に | トップページ | 四国電力との交渉 »

2016年3月24日 (木)

原発メーカー訴訟/7月判決

昨日(3月23日)の「原発メーカー訴訟」第4回口頭弁論の結果はとんでもないものでした。

前回の期日(1/27)から替わった朝倉裁判長は、私たちが「原発メーカーに責任あり」を示すために、沢山の「原発の欠陥」を分かり易くパワポで説明しました。そして原告、被告に言わせるだけ言わせたあとに「これで、結審します。 判決は7月××日(傍聴席からの怒号で聞こえず)に示します」と言って閉廷を宣言しました。


私たちは次回の口頭弁論で、原賠法の立法経緯の状況と現在の原子力の環境が大きく異なっているなど、「立法経緯」を含めて、原賠法の違憲性を主張していくつもりでした。

それを一顧だにせず、「終わり」を宣言したのですから、私たちは怒り心頭です。


 法廷のあとの「報告集会」で多くの原告から怒りの声が上がりました。そして、今後どうするのか? について質問が出されました。一つは「忌避」宣言ですが、これは裁判長が「結審します」と言うか言わないかの時に、河合共同代表が「忌避します」と宣言し、「では忌避理由書を提出してください」との裁判長の声がありましたので、忌避プロセスに入ると思います。

 しかし、忌避が採用されたケースは極小なので、認められなければ、控訴審に向かう事になると思います。


 いずれにしろ、この司法の暴挙(事によって、我々の勝訴判決が出る可能性がない訳ではありませんが)に向かって、私たち原告は一致団結して進みたいと思います。


「正義は我々にある。私たちは絶対に負けない! 何故なら勝つまで闘うから!」

を合い言葉として、あきらめずに闘い抜きたいと思います。


 皆さまのご支援を今後ともよろしくお願いします。

 大久保

|

« 防衛省公募に応募した大学学長に | トップページ | 四国電力との交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/64619203

この記事へのトラックバック一覧です: 原発メーカー訴訟/7月判決:

« 防衛省公募に応募した大学学長に | トップページ | 四国電力との交渉 »