« 10.2日比谷野音集会デモ2万人 | トップページ | マイナンバー制度の危険性 »

2015年10月 4日 (日)

アトランタTPP閣僚会合

TPP交渉
https://twitter.com/uchidashoko/status/649699072992014336

TPPツイキャスラジオ
http://twitcasting.tv/uchidashoko/movie/205628891

ツイキャスラジオ: アトランタTPP閣僚会合まとめ
最終合意か、合意失敗か?https://twitter.com/uchidashoko/status/650212006721662976

… 先ほど、ツイキャスラジオでこれまでのまとめを放送しました。これから12時間以内に、TPP最終合意か、合意失敗かの結果が出るという緊迫した状況です。

2日目を終える現時点でのまとめです。
まず今回も「閣僚会合」と言いながら実質は「二国間交渉」です。1日目には約1時間だけ、今日は実はなんと18:30から閣僚会合で、それまではずっと二国間交渉でした。

【アトランタTPP交渉】実際には2日目の今日からが本番であり、また3日目もやるという前提になっていますが、今晩の会合の行方次第となると思います。絶望的にまとまらなければ明日は交渉はなく記者会見だけになるでしょう。まだこちらでも明日の動きは記者も含めてまったく読めません。

オーストラリアのロブ貿易・投資相は、昨日の時点で、別の国際会議に出席する日程を変更し、アトランタにとどまることを決めている。今回で決着するという意思の表れだろう。今夜がまさに山場となる。

これは簡単に解ける問題ではない。しかし今回現地で強く感じるのは、どの国も「この国のせいでまとまらなかった」と悪者にされたくないと思っているムードだ。前回、その役割はメキシコやNZだった(自国の利益を主張しただけで本当に悪いわけではない)が、今回はまだ「暴れる国」は登場していない。

内田聖子/Shoko Uchidauchidashoko12時間12時間前
乳製品(NZ、米国、カナダ、日本)、医薬品問題(米国、豪州、マレーシア、ペルーなど)、自動車(米国、日本、カナダ、メキシコ)での解決が模索されている。二国間での協議が進められ、その結果をトータルで閣僚会合で決着させるというのが大筋合意までのシナリオだ。

内田聖子/Shoko 13時間13時間前
アトランタから。本日18:30から予定されていた閣僚会合(今日初めての)は、急きょ20:30からに変更された。その直前の記者会見で甘利大臣は「進展はある。進展があるからこそ、さらに細部を詰めてから閣僚会合を開くために2時間延期した」と話した。もちろん真偽はわからない。
内田聖子/Shoko Uchidauchidashoko 18時間18時間前

Reading:TPP 自動車の原産地規則で日本が譲歩案 NHKニュース http://nhk.jp/N4LW4Ioc 今朝驚いてみたニュース。数少ない「日本の攻める分野」での譲歩。これが本当であればまさにTPPは日本にとってのダメージしかなくな

内田聖子/Shoko Uchidauchidashoko 10月2日
今夜、やっと始まった閣僚会合。なんと約1時間で終了!信じられないが、要するに閣僚会合を開けないレベルで各国間の交渉がのこっているということ。今晩は二国間交渉に充てられることになる。


|

« 10.2日比谷野音集会デモ2万人 | トップページ | マイナンバー制度の危険性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/61889385

この記事へのトラックバック一覧です: アトランタTPP閣僚会合:

« 10.2日比谷野音集会デモ2万人 | トップページ | マイナンバー制度の危険性 »