« 承認取り消し効力停止 | トップページ | 尾崎知事3選 »

2015年10月29日 (木)

沖縄 辺野古本工事着工

沖縄 辺野古本工事着工


知事の埋め立て承認取り消しに対し、防衛局はこともあろうに行政不服申し立て審査をおこなって、国土交通省が認めないと判断した。

行政不服審査法は、国民が公権力に対し行政に行うものであって、国が国に対して申し立てするなど許されることではない。これは、沖縄県という地方自治体に対しての弾圧ではないか。
沖縄にとどまらずこれから先、地方は何をいっても国が決めたことに文句は言わさないということになるのである。私たちの問題でもある。

国交省は、瑕疵はない、普天間基地危険除去のため、工事は必要という理由だ。問答無用の回答だ。

普天間基地は閉鎖すればよい。そのような交渉は、いまだかつて一度もアメリカに要求していない日本政府だ。

このままでは、地方自治の死である。沖縄の意思を実現しなくてはならない。本土での戦いを強めなくてはならない。

mm記

|

« 承認取り消し効力停止 | トップページ | 尾崎知事3選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/62271947

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄 辺野古本工事着工:

« 承認取り消し効力停止 | トップページ | 尾崎知事3選 »