« 日米軍事訓練 | トップページ | 中央公聴会 »

2015年9月 7日 (月)

安保法案:16日採決で調整

政府与党は9月18日(金)をタイムリミットにして、参議院での強行採決
による成立に向けた具体的検討に入りました。そして、週明けの9月7日
(月)から9日(水)にかけて、極めて重要な動きが相次ぎます。

◆毎日新聞によれば、自民党の谷垣禎一幹事長、佐藤勉国対委員長、吉田
博美参院国対委員長が4日、党本部で会談し、戦争法案の審議について、
15日(火)中央公聴会
16日(水)参議院特別委員会で採決。同日中に緊急上程し本会議で可決成立
を確認。そのために、
8日(火)の特別委員会と9日(水)の議院運営委員会で決定すれば、
最速で15日に中央公聴会を開催できる、とされています。
これがおそらく政府与党が描く最短スケジュールだと思われます。

安保法案:16日採決で調整…与党、情勢見極め来週判断(9月5日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20150905k0000m010147000c.html

◆与党は早期に採決し成立を図るために、衆議院で行った地方参考人会
(地方公聴会)を省略する検討に入ったと報じられています。安倍首相
が、質疑の最中に大阪での民放ワイドショーに出演するという前代未聞
の国会軽視を行う中で、到底許されるものではありません。

安保法案、再来週に成立を=与党、地方公聴会見送り検討-安倍首相
(9月4日、時事)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015090400821&g=pol

◆中谷防衛大臣は河野統合幕僚長の会談記録文書について、防衛省が作成
したものかどうかを7日(月)までに回答予定。

防衛省作成の文書か 7日までに回答指示(9月4日、日経)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150904/k10010216171000.html

◆政府は8日(火)の委員会(参考人質疑)までに安倍首相のテレビ出演
の経緯を説明へ。納得できる説明がなければ、野党は9日以降の審議には
応じられないと表明。

民主など 首相の大阪でのテレビ出演に抗議(9月4日、NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150904/k10010216741000.html

◆8日(火)午後1時から、4人の参考人を招致しての参考人質疑が行われ、
終了後に維新の党が追加提出した2法案の趣旨説明(数分)が行われます。

参考人に元法制局長官ら4人 参院安全法制特別委(9月5日、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91395000V00C15A9PP8000/

◆8日(火)に自民党総裁選が告示(20日投開票)。総裁選が行われる場
合、野党は「首相が交代する可能性があるのに、法案を成立させるべきで
はない」として、参議院の審議に応じないことも検討。

|

« 日米軍事訓練 | トップページ | 中央公聴会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/61509417

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案:16日採決で調整:

« 日米軍事訓練 | トップページ | 中央公聴会 »