« 理解不可能なこじつけ | トップページ | 安保法制」特別委員会 参考人質疑 »

2015年6月16日 (火)

衆院憲法審査会・高知

安保法案、6人中5人反対=「憲法違反」「改憲で」-衆院審が地方公聴会

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015061500546
「時事ドットコム」

 衆院憲法審査会は15日、高知市で地方公聴会を開き、一般公募された6人が憲法をめぐり意見を述べた。集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ安全保障関連法案には5人が反対し、賛成を表明したのは尾崎正直高知県知事だけだった。先の憲法審で参考人の憲法学者3人が「違憲」と明言したのに続き、安保法案への反対論が示されたことで、今後の審議に影響しそうだ。

憲法審地方公聴会・要旨

 憲法学者の岡田健一郎高知大准教授は、昨年7月の憲法解釈変更について「違憲と言わざるを得ない」と表明。安倍晋三首相が法案審議で徴兵制を否定していることを踏まえ、「集団的自衛権に関する解釈変更が許されるなら、『徴兵制は憲法違反ではない』と政府解釈を変更し、徴兵制を導入することも可能ではないか」と指摘した。
 
 筒井敬二高知自治労連執行委員長は「海外での軍事活動を可能にする。地球上どこへでも自衛隊が派遣される」と批判。「9条の枠を踏み越えているので憲法違反ではないか」と強調した。翻訳者の佐野円氏も「違憲だ」と明言。主婦の竹田昭子氏は「憲法がいくら現実に追い付いていなくても、憲法は憲法として守らなければいけない」と述べ、その後の取材に「違憲だ」と語った。
 
 自営業の土倉啓介氏は、憲法改正による行使容認を主張。「解釈変更や安全保障関連法整備は憲法の形骸化、憲法規範の軽視になる。存立危機事態は分かりにくい」と述べた。
 
 尾崎知事は「諸外国との協調なくしてわが国の安全は守れない。現在の実情を踏まえた解釈変更は容認されるべきだ」と政府方針を大筋で支持。「個別の事例に即し、本当に自衛の範囲に入るのかどうか国会で十分に議論してほしい」と徹底審議を求めた。
 
 6人は一般公募に応募し、各会派の意見を踏まえて選ばれた。衆院憲法審の地方公聴会は昨年11月に初めて盛岡市で開かれ、今回が2回目。 (2015/06/15-17:26)
 
 *********
 
 陳述人の4人が憲法違反だと語った。
 土倉さんは行使するために憲法改正が必要だと言った。
 尾崎知事は政府の考えにOKである。その上、災害時は長期にわたるので、市民的権利に制限が加えられるようにすべきで憲法に加わえてもらいたいと提案した。
 
 夕方のニュースで、NHKは、尾崎、土倉両名の発言を長々と映し、違憲発言は、岡田、筒井両名のわずかな一言のみを流した。
 RKC放送は、武田さんの発言を重点的に流し、総括説明も6名中4名が違憲だと言ったと事実を伝えていた。
 
 NHKは地方局まで、安倍政権の応援団だとあらためて思ったことだ。対して、高知放送は、まだバランスをとることを知っている。

|

« 理解不可能なこじつけ | トップページ | 安保法制」特別委員会 参考人質疑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/60395837

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院憲法審査会・高知:

« 理解不可能なこじつけ | トップページ | 安保法制」特別委員会 参考人質疑 »