« 憲法審査会  「お試し」 | トップページ | 安倍政権の 「対米」土下座外交 »

2015年5月12日 (火)

史上最悪の愚策

最悪の愚策「真珠湾攻撃」から学ぶべきこと

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-b268.html
「植草一秀の知られざる真実」より抜粋

5月13日、元外務省国際情報局長である孫崎亨氏による


『日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか』
(祥伝社)


http://goo.gl/o1Jyta


Photo_2が全国書店で発売される。


帯には


「史上最悪の愚策を解き明かす」


とある。


タイトルを見るだけで強い関心をそそられる。


出版社による概要は次のものだ。


「歴史上最悪の愚策といわれる「真珠湾攻撃」。


なぜ、日本は、勝てる見込みのないこの戦いを仕掛けたのか。


皇族、軍人、政治家、外務官僚といった、国策に関わった当事者たちの「生」の声を紹介しつつ、日露戦争の勝利から始まった「真珠湾攻撃への道」の真実に迫る衝撃の書、ついに刊行。」


著者の孫崎亨氏は次の言葉を発している。


「この本の特色は、私の解説を主眼にしたものではないということです。


当事者の生の声をできるだけ紹介したいと考えました。


後世の人間が「後知恵」で解説するのではなくて、当時の人々自らの声で歴史を語ってもらいたいからです。


歴史にはいろんな選択肢があった、異なった道があった、その中でなぜ真珠湾攻撃という選択をしたのか。


戦後70年の今こそ、日露戦争から真珠湾攻撃までの歴史を検証し、この「なぜ」を徹底的に考えたいと思います。


日本は今、大変な曲がり角にいます。


「こんな時代はなかっただろうか」と考えてみると、まさにありました。


真珠湾攻撃のときでした。

|

« 憲法審査会  「お試し」 | トップページ | 安倍政権の 「対米」土下座外交 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/59963144

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最悪の愚策:

« 憲法審査会  「お試し」 | トップページ | 安倍政権の 「対米」土下座外交 »