« 総選挙12日前の口止め工作 | トップページ | ウクライナ・アメリカの関与 »

2015年2月 4日 (水)

「最終処分場」調査断念

環境省「最終処分場」調査断念~塩谷住民が阻止

【OurPlanet-TV】,「以下抜粋」

2015.02.03

環境省は2日、東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場候補地に指定した栃木県塩谷町を訪問。面積の測量に向かおうとしたものの、建設に反対する住民が入口林道を封鎖。見形町長や塩谷町議会の田代議長も住民とともにに立ち並び、「どんな小さな調査も絶対反対だ」と建設候補地の白紙撤回を要求した。
  
この日調査に訪れたのは、環境省の職員3人と測量担当者3人の計6人。環境省関東地方環境事務所の畑茂樹保全統括官が調査を求めたが、住民約400人が林道に広がって、道を封鎖した。先頭に立つ塩谷町民指定廃棄物最終処分場反対同盟会の和氣進会長は「自然と命の水、未来の子どもたちを守っていく。帰っていただきたい。何回来ても私たちは阻止していく。」と訴え行く手を拒んだ。畑保全統括官は「最終処分場は何重もの措置を行う。説明不足で不安にしてしまい申し訳ない」と説明したが、住民からは「建設白紙撤回の答えしかいらない。帰れ。」と怒りの声が上がり、環境省はこの日の調査を中止した。

*********

すごいことだ。住民の意思は固いのだ。
フクイチの廃棄物は、東電の敷地で管理すべきものだ。国が一緒になって、東電のしりぬぐいをするなど、ましてや住民がこれだけ反対している中へ、本当にひどいことだ。
しかし、沖縄みたいに、強権的にやろうとするかもしれない。頭においておかなくてはならない。

|

« 総選挙12日前の口止め工作 | トップページ | ウクライナ・アメリカの関与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/58806433

この記事へのトラックバック一覧です: 「最終処分場」調査断念:

« 総選挙12日前の口止め工作 | トップページ | ウクライナ・アメリカの関与 »