« また人質見殺しの新事実 | トップページ | 政府不手際指摘部分カット »

2015年2月13日 (金)

シュワブ米兵、拳銃抜き歩く

シュワブ米兵、拳銃抜き歩く 辺野古抗議活動市民「威嚇だ」

2015年2月10日 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238656-storytopic-271.html
「琉球新報」より抜粋


 【辺野古問題取材班】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らが抗議を続ける名護市の米軍キャンプ・シュワブで、9日午前11時半ごろ、市民らがフェンス越しに抗議の声を上げていた際、基地内の建物から出て来た米兵が拳銃を抜き、銃口を上に向けながら歩いている様子が目撃された。市民らは「発砲するのではないか」とおびえ、現場は緊張感に包まれた。
 
 現場はシュワブのゲート前から約1キロ先の海上工事が見える場所。約150人の市民が海に向かって抗議の声を上げていたところ、米兵が拳銃の銃口を上に向けた状態で持ったまま、基地内の建物から出て来た。
 
 米兵に気付いた市民たちは「拳銃を持っているぞ」と叫び、騒然となった。米兵は5分程度、フェンス越しに拳銃を持ったまま市民らの前を100メートルほど歩いた後、他の米兵と共にトラックに乗って走り去った。
 
 米兵を目撃した比嘉美代子さん(69)=沖縄市=は「今にも引き金を引きそうで怖かった。私たちを威嚇しているようだった。市民の前で銃を出すなんて信じられない」と憤った。
 
 *******
 
 これは、市民へむけての威嚇以外のなにものでもない。あまりにもうるさいので、たまには拳銃で脅してやろう、というぐらいの感覚だろう。
 しかし、これでとどまるかどうかは、分からない。はじめは上に向いた銃が、いつ水平に市民そのものに向けられてくるか、そして、遊び感覚で撃ってしまった、などということにならない保障は決してないのだ。
 私は、罪もないイラク市民が、どれだけ無残に殺されていったか忘れはしない。
 
 

|

« また人質見殺しの新事実 | トップページ | 政府不手際指摘部分カット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/58914990

この記事へのトラックバック一覧です: シュワブ米兵、拳銃抜き歩く:

« また人質見殺しの新事実 | トップページ | 政府不手際指摘部分カット »