« レイ・マクガヴァン、元CIA職員 | トップページ | 弱肉強食、この道しかない »

2015年1月15日 (木)

スノーデン氏、パリのテロ

スノーデン氏、パリのテロとイスラエルの関係性を指摘

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/51318-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E6%B0%8F%E3%80%81%E3%83%91%E3%83%AA%E3%81%AE

NSA・アメリカ国家安全保障局の元局員スノーデン氏が、「イスラエル移民省は、シャルリエブドに対するテロ事件に関係している」と語りました。


スノーデン氏はロシアの新聞コメルサントのインタビューで、「イスラエルは外国への移民に不満を感じており、この懸念から、イスラエル移民省の関係者を使って、諜報機関モサドに対して、外国への移民を止めるのを助けるよう要請させた」と語りました。
スノーデン氏はまた、「イスラエルの情報機関や特殊任務を行うイスラエル関係者は、この要請に応じ、イスラムの預言者ムハンマドを侮辱する風刺画を発表することで、西側諸国で作戦を開始し、ヨーロッパ在住のユダヤ教徒を嫌悪する雰囲気を作り出し、やむなく彼らがイスラエルで生活するように仕向けた」と述べました。
さらに、「このような計画により、イスラムの預言者を侮辱する風刺画が2005年にヨーロッパの雑誌に掲載されたが、この作戦は効果を発揮しなかった。シオニストがこの計画で失敗した後、シャルリエブドはテロ組織ISISの指導者バグダディを扱った風刺画を発表した。その結果、フランス・パリで複数のテロ事件が発生した」としました。
シオニスト政権のネタニヤフ首相は、11日日曜、パリのデモに参加し、すべてのユダヤ人に対し、「イスラエルへの移住を歓迎する」と語っていました。

★【シャルリー・エブド】パリで襲撃された新聞はどんなことを報じていたのか
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/07/4-cartoonists-killed-charlie-hebdo_n_6433584.html

|

« レイ・マクガヴァン、元CIA職員 | トップページ | 弱肉強食、この道しかない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/58588696

この記事へのトラックバック一覧です: スノーデン氏、パリのテロ:

« レイ・マクガヴァン、元CIA職員 | トップページ | 弱肉強食、この道しかない »