« シャルリー・エブド | トップページ | こんな予算で本当にいいのか »

2015年1月12日 (月)

朝日新聞バッシング

朝日新聞バッシングと戦争への道─開戦記念日に考える 日隅一雄・情報流通促進基金

 設立2周年記念シンポジウム
2014年12月13日

http://www.news-pj.net/movie/12434

激しい朝日新聞バッシングの中、私たちが次の戦争を未然に防ぐために、いま、どのような営みを紡いでいくことが求められているのだろうか。

【基調講演】原寿雄(元共同通信編集主幹)

【パネリスト】金平茂紀(TVジャーナリスト TBS『報道特集』キャスター)、倉澤治雄(ジャーナリスト、元日本テレビ解説主幹)

【コーディネーター】梓澤和幸(弁護士・情報流通促進基金理事・NPJ代表)

・・・・・・・・

非国民という言葉が、簡単に使われる世の中、ジャーナリストには、覚悟がいる時代となった、と原氏は言う。国益は国民の利益とは異なる。時の為政者、権力者たちの利益である。批判することを遠慮してはいけないと語る。

|

« シャルリー・エブド | トップページ | こんな予算で本当にいいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/58561555

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞バッシング:

« シャルリー・エブド | トップページ | こんな予算で本当にいいのか »