« 女性ら7千人、国会取り囲む | トップページ | メディアが無視する日本の言論テロ »

2015年1月18日 (日)

高知白バイ冤罪事件の正義

高知白バイ冤罪事件の正義は必ず実現されなければいけない

http://www.amakiblog.com/archives/2015/01/18/#003089
「天木直人のブログ」

 きょう1月18日のテレ朝日曜報道ステーションが高知白バイ事件の特集番組を流した。

 これは国民必見だ。

 高知白バイ事件とは2006年3月に高知市で起きたスクールバスと白バイの衝突事件であり、白バイに乗っていた巡査長が事故死し、スクールバスの片岡運転手が1年4か月の実刑判決を受けた事件だ。

 これは当初から、警察、検察、裁判所による権力犯罪の疑惑が指摘されてきた事件である。


 今朝のテレ朝の特集番組は、実刑判決を受けて刑に服した片岡運転手が、服役後に冤罪を主張して再審請求を起こしたが高知地裁がその訴え退けた事を取り上げた。

 ここまで目撃証言や冤罪濃厚の証拠が出そろっているというのに、それらの疑惑を一切検証することなく門前払いをする裁判所とは一体何だろう、と司会役の長野智子が問いかた。

 ここで事件の疑惑について詳しく書く余裕はないが、私は高知白バイ事件の冤罪を主張して、運転手の弁護引き受けて来た生田暉雄元裁判官と懇意にし、彼と運転手の支援者たちを通じてこの事件の不正義を追及してきたひとりだ。

 私は知らなかったのだが、高知地裁は、刑に服して出所し、名誉回復のため再審請求を行った片岡運転手に対し、昨年12月16日に棄却の判決を下したいたのだ。

 こんな重要な判決が下されていたというのに大手メディアは一切上げなかったのだ。

 国家ぐるみの権力犯罪を最終的に隠ぺいするのが最高裁だ。

 そして最高裁の犯罪だけは絶対に国民には知らせてはいけない。

 そのためにはメディアも屈服させる。

 これが、この国のもっとも深刻な恥部である。

 その象徴が高知白バイ事件である。

 この高知白バイ事件の再審請求と並ぶもう一つの再審請求が行われている。

 それが砂川事件判決の再審請求だ。

 田中耕太郎最高裁長官が米国政府に従属して砂川事件に関与した国民に有罪判決を下した。

 その不都合な真実が米国解禁文書により明らかにされた。

 だから裁判所は裁判をやり直す必要があるが、おそらく裁判所は再審請求を棄却するだろう。

 高知白バイ事件と同様、裁判所は自らの間違いを認めるわけにはいかないのだ。

 もし再審を認め、判決の誤りを認めれば、この国の「法の支配」が音を立てて崩壊する。

 国家権力そのものが犯罪者であることになり、国家が崩壊するからだ。

 おりから「絶望の裁判所」(講談社現代新書)を書いた瀬木比呂志元最高裁裁判官が続編である「ニッポンの裁判」(講談社現代新書)を上梓した。

 その献本を瀬木氏から受けて読み終えたところだ。

 その内容は「絶望の裁判所」以上に衝撃的だ。

 すなわちこの国の裁判そのものが絶望的であることがわかる。

 しかし、片岡運転手はあきらめる必要はない。

 我々はあきらめる必要はない。

 権力者が一番恐れているのは真実が明らかになることだ。

 権力者が一番恐れているのは真実を知った世論が立ち上がる時である。

 我々が絶望しかかっている時こそ、彼らもまた追いつめられている時なのだ。

 正しいことほど強いことはない(了)
Copyright ©2005-2015 www.amakiblog.com

|

« 女性ら7千人、国会取り囲む | トップページ | メディアが無視する日本の言論テロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/58627039

この記事へのトラックバック一覧です: 高知白バイ冤罪事件の正義:

« 女性ら7千人、国会取り囲む | トップページ | メディアが無視する日本の言論テロ »