« 辺見庸 ・東大ポポロ事件 | トップページ | 立ちはだかる日米密約の闇 »

2014年11月15日 (土)

常岡氏逮捕される?

ジャーナリスト常岡氏「イスラム国」関連で逮捕される?集会で「捜査の不当性」訴える

http://blogos.com/article/98829/
「ブロゴス」より抜粋

中東の過激派組織「イスラム国」など、海外取材を積極的におこなっているジャーナリストの常岡浩介さんが11月14日、東京・霞が関の弁護士会館で開かれた特定秘密保護法の反対集会で講演した。

ことし10月上旬、「イスラム国」の戦闘員になるために、シリアへの渡航を計画した北海道大学の男子学生が私戦予備・陰謀の疑いで事情聴取された事件が話題になったが、常岡さんも学生の関係先として家宅捜索を受け、ビデオカメラやパソコン、パスポートなどを警察に押収された。

常岡さんは「参考人」扱いだったが、11月11日になって警察から「被疑者として取り調べるので出頭してほしい」と連絡があったという。しかし、常岡さんは出頭を拒否。ツイッターなどでは、常岡さんも私戦予備・陰謀事件に関する疑いで「逮捕されるのではないか」と関心を集めている。

●常岡さんの「逮捕の可能性」が高まっている?

この日の集会で常岡さんは「男子学生は、知人のイスラム法学者から紹介された」「シリアに渡りたいという彼に同行取材するために、インターネットで航空券を手配した」と振り返り、「僕には取材という正当な理由があった」と犯罪行為ではないことを強調した。

そんななか、常岡さんは11月11日、警察から「被疑者として取り調べるので出頭せよ」と電話で告げられたが、「捜査そのものが違法なので応じられない」と拒否したことを、ネットで明らかにした。「もともと、任意の事情聴取を拒否していたので、予定調和ではあるのですが、これで一気にタイーホの可能性が高くなりました」と記している。

この日の講演では、「被疑者になった人が任意同行を拒否したら逮捕コースだが、今日も誰も家に来なかった」と、微妙な状況が続いていることを語った。

*********

特定秘密保護法の先取りか。
フリーランスから狙われるとは、誰かが言っていたが。
戦前に戻るどころか、それ以上だと。

|

« 辺見庸 ・東大ポポロ事件 | トップページ | 立ちはだかる日米密約の闇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/57999593

この記事へのトラックバック一覧です: 常岡氏逮捕される?:

« 辺見庸 ・東大ポポロ事件 | トップページ | 立ちはだかる日米密約の闇 »