« 福島原発の現状 | トップページ | 辺野古の設計変更 »

2014年10月28日 (火)

川内再稼働に市長も同意 

川内再稼働に市長も同意 「事故責任、国が負うべき」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014102801001960.html
 「東京新聞」

 九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は28日、市議会の臨時議会後の全員協議会で「国の責任の下で再稼働することを立地自治体として理解する」とし、再稼働に事実上同意を表明した。

 その後の記者会見で「日本の経済発展で国が責任を持って再稼働させられる原発は動かしてほしい」と強調。ただ将来的には廃炉が必要との認識も示し、「原発に依存していては日本が成り立たなくなる。次世代エネルギーの研究も進めないといけない」と語った。

 川内原発で重大事故が起きた際の責任には「一義的には電力事業者だが、最終的には国が負うべきだ」と述べた。
(共同)
********

火山のある足元で、再稼働に同意するなど、考えられない。御嶽山は遠くの出来事で、関係ないと思っているようだ。なんと無責任きわまりない、判断であろうか。

事故が起こるかもしれないということも視野に入れている。フクイチ事故でいったい誰が責任をとったというのだろう。電力会社の儲けのためには、住民の被ばくもふるさと放棄も認めたわけだ。こんな自治体なら、ない方がましではないか。

新潟県知事の住民の命と安全を守ろうとする姿勢を少しは見習ったらどうだ。

|

« 福島原発の現状 | トップページ | 辺野古の設計変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/57820218

この記事へのトラックバック一覧です: 川内再稼働に市長も同意 :

« 福島原発の現状 | トップページ | 辺野古の設計変更 »