« 大間原発訴訟 函館市長 | トップページ | 消費税10%で »

2014年10月15日 (水)

秘密保護法:運用基準決定

秘密保護法:運用基準決定「知る権利尊重」具体策示されず

毎日新聞 2014年10月14日 12時15分
http://mainichi.jp/select/news/20141014k0000e040103000c.html

 特定秘密保護法に基づく秘密の指定や解除のあり方を定めた運用基準と、法の施行日や秘密指定できる行政機関を19機関とする政令が、14日午前の閣議で決定された。特定秘密保護法には「報道・取材の自由への配慮」が記され、運用基準には「国民の知る権利の尊重」の文言が盛り込まれた。しかし具体策は示されていない。運用基準を了承した自民党総務会でさえも「どうやって担保するのか」との声が上がったという。



 情報に関する法律の専門家は、秘密の漏えいが起きた時、入手した記者が刑事訴追されなくても、情報源の公務員を割り出すために捜査当局が記者のパソコンやICレコーダーを押収したり、記者が情報源を明らかにするよう求められたりする事態を懸念する。鈴木秀美・大阪大大学院高等司法研究科教授は「報道機関への情報提供の道を確保するため、ドイツの刑事訴訟法のように、報道関係者が取材源の証言を拒絶できる権利を明文化すべきだ」と話す。

 秘密指定が妥当かをチェックするために内閣府に置かれる「独立公文書管理監」や「情報保全監察室」の役割も運用基準に示されたが、政府の内部にあって手加減なく監視活動ができるかが焦点だ。そのために、官庁からの異動で配置される可能性のある管理監や監察室の職員が、古巣に戻らない制度を求める意見が与党の公明党からも出ている。だが実現は不透明だ。

 政府は秘密保護法の運用に対する懸念の声に「二重三重の(チェックの)仕組みで恣意(しい)的、不正な運用はできない」(安倍晋三首相)との説明に終始している。同法は施行まで2カ月を切った。国会論議を通じて課題を洗い出し、政府は具体的な措置でそれに応えるべきだ。【青島顕】

*********

もとよりこの法律は、国民の目も耳も口も封じることが目的だ。国民に知らせないようにして、政府がやりたいようにできるためのものだ。

いくら運用基準を厳しくしても、もとの法律が悪法だから、どうにもならない。ましてや、このような閣議決定をして、すべてを曖昧なままに、現実はどうとでも恣意的にできるようにしている。

どうあっても、法律の廃止を求めて運動しつづけていかなくてはならない。

|

« 大間原発訴訟 函館市長 | トップページ | 消費税10%で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/57679926

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密保護法:運用基準決定:

« 大間原発訴訟 函館市長 | トップページ | 消費税10%で »