« 政権批判集会、 東京で5千人 | トップページ | 県は防衛局の出先機関か »

2014年9月 4日 (木)

反アベ大集会

反アベ大集会 「これほど戦争を身近に感じたことはない」

2014年9月4日 20:37
田中は開会20分前に会場に着いたが、すでに満杯だった。入場制限がかかったほどだ。=4日夕、日比谷野音 写真:筆者=
http://tanakaryusaku.jp/2014/09/0009988
「田中龍作ジャーナル」

 「アベ改造内閣」が昨日、発足した。秘密保護法、TPP、集団的自衛権、消費税増税……国民生活を破壊し、庶民を痛めつける政権がパワーアップしたのである。

 危機感を抱く市民たちが今夕、日比谷公園で開かれた「反アベ反戦集会」に結集した。(主催:戦争させない 1000人委員会/解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会)

 司会を務める講談師の神田香織さんが口火を切った―

 「28年前から『はだしのゲン』の 語り を続けているが、これほど戦争が身近に感じることはなかった…」

 会場の日比谷野外音楽堂は通路まで人で埋まった。立錐の余地もない。

 婦人運動団体のメンバーで都内在住の72歳の女性に、安倍政権が進める女性政策について聞いた。「(今度入閣した)女5人はぜんぶ右翼。いくら女性だと言っても、もっと改善する精神を持った人を選んで欲しい」。女性は力を込めた。
「日本の武器がパレスチナの人々に向けられる」とプラカードの男性。遠き中東の地で日本が加害者になろうとしている。=4日夕、日比谷野音 写真:筆者=

「日本の武器がパレスチナの人々に向けられる」とプラカードの男性。遠き中東の地で日本が加害者になろうとしている。=4日夕、日比谷野音 写真:筆者=

 医療団体勤務の男性(50歳)は「安倍政権になっていいことは一つもなかった」と言い切る―

 「高齢者の窓口3割負担、混合診療解禁、介護保険サービスの切り捨てなど一気に改悪してしまった。そして人の命が大切にされることが憲法で保障されていたのに、集団的自衛権の行使容認を決めた。許せない」。

 作家の落合恵子さんは、高市早苗・政調会長(現・総務大臣)がヘイトスピーチ規制に かこつけて 国会周辺のデモを規制しようとしたことを舌鋒鋭く批判した―

「去年は秘密保護法で知る権利を奪い、今年は表現の自由を奪おうとしている。賢い不服従を貫こう…」。

 カンさんとノダさんもどうしようもない総理だったが、アベさんほどは国民を粗末にしなかった。

 低下しているとはいえ、前政権、前々政権と比べれば支持率は高い。マスコミ幹部との会食が効を奏しているのだろうが、いつまでも国民を騙せるものではない。

|

« 政権批判集会、 東京で5千人 | トップページ | 県は防衛局の出先機関か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/57278969

この記事へのトラックバック一覧です: 反アベ大集会:

« 政権批判集会、 東京で5千人 | トップページ | 県は防衛局の出先機関か »