« 安倍首相 A級戦犯らに“哀悼の意” | トップページ | 福島の鼻血「内部被ばくか」 »

2014年8月31日 (日)

「急性心筋梗塞」の増加

セシウム汚染値と急性心筋梗塞の年齢調整死亡率に正比例の関係が見られたという記事です。

福島原発事故から3年5カ月……被災者の健康リスクが未だ危惧されるなか、編集部ではセシウム汚染の分布と特定疾患増加の実態について調査を敢行。

今月号(月刊誌『宝島』10月号)では
「急性心筋梗塞」の増加と「被曝」の関係について検証する!

続きはクリックをお願いします。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140826-00010000-takaraj-soci

【表1】と【表2】を見てほしい。これらの表は、原発事故発生以降に福島県内で増えている「死因」を、人口動態統計をもとに多い順から並べたものだ。いわば、死因別の「増加数ランキング」である。

 【表1】は、原発事故が発生した2011年に増加した死因で、【表2】が事故翌年の2012年に増加した死因だ。ここで私たちが着目したのは、「循環器系」の疾患である。
 11年の【表1】を見ると、地震や津波が急増の原因と考えられる「不慮の事故」や「傷病」続き、「循環器系の疾患」と「心疾患」が4位と5位にランクイン。10位には「心不全」も入っている(注1)。そのいずれもが、原発事故前である10年の発生数を大きく上回っていた。

 それが12年になると、循環器系疾患の代表格である「急性心筋梗塞」がランキングのトップに躍り出る(【表2】)。10年と比較した場合、11年で128人増。翌12年はさらに増えて219人もの増加と、100人単位で増え続けているのである。

|

« 安倍首相 A級戦犯らに“哀悼の意” | トップページ | 福島の鼻血「内部被ばくか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/57242196

この記事へのトラックバック一覧です: 「急性心筋梗塞」の増加:

« 安倍首相 A級戦犯らに“哀悼の意” | トップページ | 福島の鼻血「内部被ばくか」 »