« 行き詰まった凍土壁問題 | トップページ | 辺野古へ結集を! »

2014年7月14日 (月)

三日月氏の当選確実

滋賀県知事選、三日月氏の当選確実 「卒原発」引き継ぐ

2014年7月13日21時54分
http://www.asahi.com/articles/ASG7C3FKGG7CPTJB002.html?iref=comtop_6_01


 滋賀県知事選が13日、投開票され、前民主党衆院議員の三日月大造氏(43)が、元経済産業官僚の小鑓(こやり)隆史氏(47)=自民、公明推薦=、共産党県常任委員の坪田五久男(いくお)氏(55)=共産推薦=を破り、初当選を確実にした。三日月氏は嘉田由紀子知事の後継指名を受け、段階的に原発をなくす「卒原発」を引き継ぐことを訴えた。

 民主党衆院議員を4期10年半務めた三日月氏は、3選へ立候補を模索していた嘉田知事と政策調整の末、嘉田氏から後継指名を受けた。5月に離党し、無所属で立候補。隣接する福井県の原発の「被害地元」として、再稼働の判断にかかわれるよう訴えた。

 選挙戦中盤からは、集団的自衛権を使えるように閣議決定した安倍政権への批判を強め、「中央の暴走を県政に持ち込ませない」と強調。政党の推薦を受けず、前回の知事選で過去最多の約42万票を集めた嘉田知事と二人三脚で回った。

 内閣参事官として安倍政権の成長戦略の立案に携わった小鑓氏は、原発政策の争点化を避けて国とのパイプをアピール。「滋賀経済に活力を取り戻す」と地域経済の活性化を中心に訴えた。自民党は石破茂幹事長ら幹部をはじめ、延べ200人近い国会議員を送り込んだが、及ばなかった。

 坪田氏は「原発即時ゼロ」を掲げ、集団的自衛権の行使容認や環太平洋経済連携協定(TPP)に反対して政権批判を強めたが、支持は広がらなかった。

**********

1万票余りの差で接戦だったが、とにもかくにも良い結果となった。
それにしても、共産党はやはり独自候補を立てた。卒原発か即時ゼロかの違いはあるにしても、ここは再稼働反対の知事を出すべく、共闘ができなくても反原発の票を割るようなことは避けるべきではないか。選挙で組織固めはできたかもしれないが、党の利益より県民全体の利益を優先するべきではないか。といっても、馬の耳に念仏?

|

« 行き詰まった凍土壁問題 | トップページ | 辺野古へ結集を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/56783387

この記事へのトラックバック一覧です: 三日月氏の当選確実:

« 行き詰まった凍土壁問題 | トップページ | 辺野古へ結集を! »