« 米安保専門家らと会談 | トップページ | 証拠隠滅を勧めるのか »

2014年7月15日 (火)

どんどん拡大解釈しまっせ

どんどん拡大解釈しまっせ 閣議決定後、国会で首相が初答弁

http://www.asuno-jiyuu.com/2014/07/blog-post_15.html
「明日の自由を守る若手弁護士の会」より抜粋

 <集団的自衛権>武力行使拡大、鮮明に 首相「政府が判断」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000116-mai-pol


 今日、解釈改憲の閣議決定後、はじめて、安倍首相は集団的自衛権の問題を国会で答弁しました。
 立憲主義を無視して解釈改憲なんていう禁じ手を使っただけでも唖然としてしまうのですが、今日の答弁の破壊力もまた格別でした…。


 なにがすごいって、
 自衛権発動の新3要件について、これ、どこまでも拡大解釈できますよね?という疑問に対して、横畠内閣法制局長官は「日本が武力攻撃を受けたのと同様に、深刻・重大な被害が及ぶことが明らかな状況」や「単なる主観や推測ではなく、客観的・合理的に疑いなく認められる」ことが必要なんだ、と言って、政府が抑制的に対応すると強調したそうで、
安倍首相も同調したんだそうです。


 そしてそれと同時に、
 「米軍への武力攻撃」は新3要件に該当する可能性が高い、と。

 「日米同盟に深刻な影響が出る場合」には日本も武力行使する可能性大だ、と。

 「日本経済への悪影響」を理由にした武力行使もありうる、と。


 さらにさらに、
 ホルムズ海峡で機雷掃海してて、途中で国連が動いて集団安全保障の武力行使(戦争)
を始めたとしても、それに乗っかるんだ、と。

 日本が国連にバトンタッチして去ることはなく、そのまま多国籍軍のメンバーとして戦争し続けるんだ、と。


 そんな答弁が続いたわけです。


 …どこが、抑制的?
  どこが、限定的?

|

« 米安保専門家らと会談 | トップページ | 証拠隠滅を勧めるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/56802186

この記事へのトラックバック一覧です: どんどん拡大解釈しまっせ:

« 米安保専門家らと会談 | トップページ | 証拠隠滅を勧めるのか »