« 辺野古へ結集を! | トップページ | 西山元記者らの上告棄却 »

2014年7月14日 (月)

「戦争放棄は国是」と提訴

集団的自衛権の閣議決定は違憲 「戦争放棄は国是」と提訴

2014年7月11日 11時39分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014071101001309.html
「東京新聞」

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定は憲法違反だとして、元三重県職員の珍道世直さん(75)=津市=が11日、閣議決定の無効確認などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 提訴後、珍道さんは「閣議決定は憲法9条と明らかに矛盾する。戦争放棄は日本の国是だ」と語った。閣議決定後の安倍晋三首相の記者会見を見て「戦争に進むか、平和を守るかの岐路に立たされる」と感じたという。

 訴状では「改憲の手続きは憲法に明記されているのに、国の根幹に関わる大転換を与党内の協議で合意したとして閣議決定したのは憲法をないがしろにする行為だ」と主張。
(共同)
*********

素早い行動だと思う。あちらこちらで、訴訟が起これば国民の関心も、より大きなものへとなっていくだろう。

弁護士先生にいわせれば、なにか具体的な事件が発生して、その中で当事者「そんな法律は憲法違反で無効だから適用されないはずだ」と主張することで、裁判所が違憲かどうかを判断するのであって、これは、日本の制度としてこのようになっているのだ、として裁判自体が成り立たないことになるのだろう。

しかし、たとえ却下されたとしても、国民として政府に異議申し立てをすることには価値があると思うのだが。同様に、特定秘密保護法についても提訴できるものなら行動を起こしたいと思っている。

|

« 辺野古へ結集を! | トップページ | 西山元記者らの上告棄却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/56792517

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争放棄は国是」と提訴:

« 辺野古へ結集を! | トップページ | 西山元記者らの上告棄却 »