« 寺澤有講演会・高知 | トップページ | 日本の安全を考える »

2014年6月24日 (火)

自公、集団的自衛権容認

自公、集団的自衛権容認で一致 閣議決定の内容大筋合意

2014年6月24日21時45分

http://www.asahi.com/articles/ASG6S65HFG6SUTFK00N.html
「朝日新聞」

 自民、公明両党は24日の与党協議で、憲法の解釈を変えて他国を武力で守る集団的自衛権を使えるようにすることで大筋合意した。自民が集団的自衛権の行使を認める閣議決定の原案を示したのに対し、公明はおおむね受け入れた。両党は憲法9条のもとで専守防衛に徹してきた日本の安全保障政策を大転換する。

特集:集団的自衛権

 「平和」を結党理念とする公明は当初、集団的自衛権の行使を認めることに慎重だった。だが、行使容認へ安倍晋三首相の強い意向が示され、連立政権を離れないと決断したことから、限定的な行使を条件に容認することで妥協した。

 自民党の高村正彦副総裁は13日の与党協議で、閣議決定原案の根幹に当たり、集団的自衛権を使う際の前提条件となる「新3要件」を公明に提示。「他国に対する武力攻撃が発生し」た際、「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるおそれがあること」を条件とした。だが、公明があいまいな部分があるとして納得しなかったため、自民が再考していた。

*********

はじめは抵抗のポーズ、いつのまにやらイケイケドンドンで、すーっと自民党に紛れ込んでいく公明党だ。
言葉じりをいくらひねくりまわしても、集団的自衛権OK、であることに変わりない。これで与党にブレーキをかけたと言って国民を納得させるつもりなのだろうか。

閣議決定が憲法を上まわるものなら、もはやこの国に民主主義などなく、あるのは自公独裁政権だけだ。国民は黙って引き下がりはしない。自衛隊員の命は守らなければならない。

|

« 寺澤有講演会・高知 | トップページ | 日本の安全を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/56600842

この記事へのトラックバック一覧です: 自公、集団的自衛権容認:

« 寺澤有講演会・高知 | トップページ | 日本の安全を考える »