« 受信料、支払い凍結を | トップページ | オートラジオグラフ »

2014年4月20日 (日)

放射線を撮る キビタキ

<ビジュアル夕刊>放射線を撮る

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014041902000237.html
「東京新聞」より抜粋

キビタキ 福島県飯舘村で採取(森敏さん・森住卓さん提供)
写真

     ◇

 見えない。匂わない。そんな放射能による汚染の実態を、見せる手法がある。ところどころに黒い斑点があるこの透明な鳥の写真は、オートラジオグラフ(放射線写真)と呼ばれるその手法で、福島県飯舘村にいたキビタキの被ばくの様子を写し出したものだ。

 放射線写真は、放射線に感光する特殊な板に鳥などの被写体を載せ、被写体から放出される放射線を撮影する。このキビタキは東京電力福島第一原発の事故で放射能に汚染され、住民が避難を強いられている飯舘村の牛舎で二〇一二年一月、写真家の森住卓(もりずみたかし)さん(63)が拾った。東大名誉教授の森敏(さとし)さん(72)が協力し、それを写真にした。

 鳥の形がうっすらと見えるのは、キビタキが全身に被ばくしているため。「翼の黒い斑点は、羽や体に降り注いだ放射性物質。腹部の色が少し濃いのは、昆虫や植物を食べて放射性物質が胃に直接入ったり、筋肉に蓄積したりしたのだろう」と森さん。また、森住さんは「福島の動植物の被ばくを何とか見える形にして、事故の風化を食い止めたい」と話す。

     ◇

 
 <8万年の月日> 福島第一原発から放出された放射性物質が10分の1まで減るのにセシウム137は100年。プルトニウム239は実に、8万年。実際にほとんどなくなるまでには、セシウム137で200年以上かかるとされる。

********

ぜひとも、上の記事を開いて写真をみてもらいたい。被ばくすると、これほども薄くすけて体が見えるのだ。なんとも不気味なのは、多数の黒い斑点。放射性物質そのものだ。
人間の体も同様だと思うと・・・

とにもかくにも、全く関知できない放射能をこうして視覚的にとらえる方法があったのだ。他のものもこの手法で見られるものなら、いろいろ試みてもらいたい。

|

« 受信料、支払い凍結を | トップページ | オートラジオグラフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55852171

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線を撮る キビタキ:

« 受信料、支払い凍結を | トップページ | オートラジオグラフ »