« 「限定的行使」というまやかし | トップページ | 残業代ゼロ法案」の亡霊 »

2014年4月23日 (水)

労働時間の規制外す制度

労働時間の規制外す制度創設を提言

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140422/k10013934461000.html
「NHK」

政府の産業競争力会議の有識者議員は、男女ともに多様で柔軟な働き方ができるようにするため、本人の希望や労使の合意を前提に労働時間の規制を外す新たな「労働時間制度」を創設することを求める提言を取りまとめました。

提言では、雇用制度の改革に当たっては働き過ぎの防止に真剣に取り組む必要があるとして、問題のある企業をしゅん別し、労働基準監督署による指導を徹底するよう求めています。
そのうえで、男女ともに多様で柔軟な働き方ができるようにするため、本人の希望や労使の合意を前提に労働時間の規制を外す新たな「労働時間制度」を創設するよう求めています。

新たな「労働時間制度」の対象となるのは、年収がおおむね1000万円以上で高度な職業能力を持ち自律的、創造的に働ける労働者と、国が指定する範囲の労働者の2つのタイプとし、国が指定する範囲には職務経験が浅く、労働時間を自分の裁量で管理できない職種は含めず、長時間労働を防ぐため年間の労働時間の上限について国が目安を示すなどとしています。この提言は22日の経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で示されることになっていて、政府はこれを踏まえて議論を進め、ことし6月にまとめる新たな成長戦略に反映させることにしています。

********

このような法律が、なぜ必要なのか分からない。1日8時間、週40時間の枠組みを壊そうとしているのだ。
思うに、労基法など関係なく、企業の要求に応じて、いくらでも働く労働者を作ろうとしているのではないか。年収が1000万以上というのも、わけが分からない。いくら年収が多くても、労働時間は守られなくてはならない。
これでは、残業手当も支払われなくなるのではないか。
そうして、やがて、なしくずしの労基法無視がまかり通り、労働条件の悪化が蔓延化していくのではないか。

|

« 「限定的行使」というまやかし | トップページ | 残業代ゼロ法案」の亡霊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55895810

この記事へのトラックバック一覧です: 労働時間の規制外す制度:

« 「限定的行使」というまやかし | トップページ | 残業代ゼロ法案」の亡霊 »