« イラク自衛隊員の自殺率 | トップページ | もんじゅ推進自信ない »

2014年4月27日 (日)

台湾、第4原発建設を凍結

台湾、第4原発建設を凍結 馬政権、世論に配慮


http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014042701001775.html
「東京新聞」

 【台北共同】台湾の馬英九政権は27日、1998年に台北郊外で着工後、工事トラブルが相次いだ公営、台湾電力の第4原発について、住民投票で賛同が得られるまで1、2号機とも建設を凍結すると発表した。

 第4原発は原子炉など主要部分を日本メーカーが輸出し「日の丸原発」と呼ばれる。

 政権はあくまで運転を目指すとみられ、原発政策を見直すものではないが、東京電力福島第1原発事故後に高まった反原発世論に配慮し、従来の「住民投票前には稼働しない」との立場から建設凍結に踏み込んだ。

 今後は廃炉が近づいている既存原発の運転延長や、代替エネルギーの活用を迫られる可能性がある。

*********

直接の受注元はゼネラル・エレクトリックであるが、一号機原子炉が日立製作所、二号機原子炉が東芝、各発電機が三菱重工業による日本からの輸出原発である。日の丸原発といわれるわけだ。

台湾には、すでに6基の原発がある。ここで、建設凍結に追い込んだことは、大きな意義がある。政府は、国民の反対を受けて、とにもかくにも、いったんストップしたのだ。国民の民意が反映されたのだ。国民主権の民主主義が機能しているのだ。

ひるがえって、我が国ではどうだ。大事故の検証も後始末もまともにできないまま、再稼働に突き進む政府だ。国民の8割以上が反対しているのにだ。日本の民主主義は、台湾にも及ばないのだ。はずかしいことではないか。

|

« イラク自衛隊員の自殺率 | トップページ | もんじゅ推進自信ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55964513

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾、第4原発建設を凍結:

« イラク自衛隊員の自殺率 | トップページ | もんじゅ推進自信ない »