« 日仏、高速炉研究を推進 | トップページ | 集団的自衛権:多国間でも »

2014年4月30日 (水)

昭和の日(天長節)

昭和の日に、天皇制の時代を考える。

 澤藤統一郎 4/29
http://article9.jp/wordpress/?p=2558
「以下抜粋」

本日は、昭和の日。昭和天皇と諡された裕仁の誕生日。かつての天長節である。

中略

かつて、祝日には学校で、「祝日大祭日唱歌」なるものを歌った。1893(明治26)年8月12日文部省告示によって「小学校ニ於テ祝日大祭日ノ儀式ヲ行フノ際唱歌用ニ供スル歌詞並楽譜」として『祝日大祭日歌詞並楽譜』8編が撰定された。その「第七」が「天長節」という唱歌。歌詞を見るだに、気恥ずかしくなる。

  今日の吉き日は 大君の。
  うまれたまひし 吉き日なり。
  今日の吉き日は みひかりの。
  さし出でたまひし 吉き日なり。
  ひかり遍き 君が代を。
  いはへ諸人 もろともに。
  めぐみ遍き 君が代を。
  いはへ諸人 もろともに。

なお、全編を挙げれば、以下のとおり。
  第一  君が代 
  第二  勅語奉答
  第三  一月一日
  第四  元始祭
  第五  紀元節
  第六  神嘗祭
  第七  天長節
  第八  新嘗祭

あまり知られていない、「第二 勅語奉答」の歌詞も挙げておこう。こんなものを子どもたちに歌わせていたのだ。こちらは、気恥ずかしさを通り越して、腹が立つ。なお、作詞者は旧幕臣の勝海舟だという。

  あやに畏き 天皇(すめらぎ)の。
  あやに尊き 天皇の。
  あやに尊く 畏くも。
  下し賜へり 大勅語(おほみこと)。
  是ぞめでたき 日の本の。
  国の教(をしへ)の 基(もとゐ)なる。
  是ぞめでたき 日の本の。
  人の教の 鑑(かがみ)なる。
  あやに畏き 天皇の。
  勅語(みこと)のままに 勤(いそし)みて。
  あやに尊き 天皇の。
  大御心(おほみこころ)に 答へまつらむ。

|

« 日仏、高速炉研究を推進 | トップページ | 集団的自衛権:多国間でも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55993077

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の日(天長節):

« 日仏、高速炉研究を推進 | トップページ | 集団的自衛権:多国間でも »