« 集団的自衛権で検討機関不要 | トップページ | 集会 鹿児島、6千人が参加 »

2014年3月16日 (日)

原発作業員らデモ

東電本店前で原発作業員らデモ

http://news.livedoor.com/article/detail/8633231/

【AFP=時事】都内の東京電力(TEPCO)本店前で14日、福島第1原子力発電所の事故処理に当たってきた作業員らが、劣悪な労働環境の改善を訴えるデモを行った。

 約100人の作業員らは、拳を宙に突き上げ、事故収束作業の人員を確保しようとする下請け企業にだまされたと抗議。AFPの取材に応じた30代の男性は、きちんとした安全対策もないまま理不尽な作業を強要され、数か月働いて被ばく線量が基準を超えると解雇されたと話し、人間が働くべき環境ではなく、プレッシャーの中で些細なミスが起きやすくなっていると訴えた。

 東日本大震災に伴う未曽有の原発事故から11日で丸3年が経過したが、福島第1ではまだ廃炉作業に入れる状況とはなっていない。廃炉までの道のりがこの先数十年に及ぶとみられる中、数千人の作業員が毎日、汚染水の処理や無数の修復などの危険な作業を続けている。
【翻訳編集】AFPBB News
*************

東電本店前で、デモとはすごいことだと思う。しかも、作業員という現場の労働者だ。バラバラでなかなか、まとまりにくい立場だと思うが、よくやったなと思う。それだけ、ひどい状況なのだ。今までにも、少しずつ報道されてきたことではあるが、弱い立場で声を上げにくいことをよいことに、東電も政府も見て見ぬふりなのだ。

被ばく労働者の切り捨ては、今に始まったことではないが、原発ジプシーのように定期点検という少数の場であったから無視してきたことが、フクイチ事故では人数が多すぎて、もはや隠せなくなってきているのだ。労働条件の改善がなければ、今後、長い目で見た時、原発の廃炉作業もできなくなるだろう。

高知では、今日16日、県下から1500人が集まって、伊方再稼働反対、秘密保護法廃止、憲法改悪反対を叫んで、デモ行進した。

|

« 集団的自衛権で検討機関不要 | トップページ | 集会 鹿児島、6千人が参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55398580

この記事へのトラックバック一覧です: 原発作業員らデモ:

« 集団的自衛権で検討機関不要 | トップページ | 集会 鹿児島、6千人が参加 »