« 順番を待つ豚 | トップページ | ファシストの脅威 »

2014年3月13日 (木)

ヤツェニュクが訪米

ウクライナのクーデター政権で首相を務めるヤツェニュクが訪米、
ケリー国務長官らと会談の意味

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/
「桜井ジャーナル」より抜粋

 クーデターでキエフを制圧した勢力が「西側」の支援を受けて作った暫定政権。その首相、アルセニー・ヤツェニュクがアメリカを訪問、バラク・オバマ大統領やジョン・ケリー国務長官らと会談しているようだ。選挙で選ばれたわけでもないヤツェニュクたちの暫定政権だが、国のあり方を勝手に決めようとしている。

 2月4日にYouTubeへアップロードされて明らかになったビクトリア・ヌランド米国務次官補とジェオフリー・パイアット駐ウクライナ米国大使との電話会談で、ヌランドが高く評価していたのが「祖国」に所属するヤツェニュクだった。それだけ「西側」の「国境なき巨大資本」に近いということだ。

 この「祖国」とは、オリガルヒ(不公正な手段で国の資産を盗んで巨万の富を築いた富豪)のひとりで、投機家のジョージ・ソロスの影響下にあったユリア・ティモシェンコの政党。大統領代行を名乗っているアレクサンドル・トゥルチノフも同じ政党の幹部だ。

 当初、ビクトル・ヤヌコビッチ大統領に対する抗議活動は比較的、平和的なもの。EUも話し合いで解決しようとしていた。それが気に入らなかったのネオコン(アメリカの親イスラエル派)のヌランド国務次官補で、「EUなんかくそくらえ(F*ck the EU)」という表現が彼女の口から出てくる。

 ヌランドの意向に沿うような展開になるのは2月18日頃から。抗議活動が激しくなる。石だけでなく火焔瓶が投げられ、銃やライフルが持ち出され、警官隊に向かって撃ち始めている。21日にはヤヌコビッチ大統領と反ヤヌコビッチ派が平和協定に調印するのだが、翌22日には屋上からの狙撃で多くの死者が出始め、協定は実現しなかった。この日、議会は憲法の規定を無視してトゥルチノフを大統領代行に任命している。

 前回も書いたように、2月25日にキエフ入りして調査したエストニアのウルマス・パエト外相は、26日にEUのキャサリン・アシュトン外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)へ電話で次のように報告した:

 「全ての証拠が示していることは、スナイパーに殺された人びと、つまり警官や街に出ていた人たち双方、そうした人びとを同じスナイパーが殺している。同じ筆跡、同じ銃弾。実際に何が起こったかを新連合(暫定政権)が調査したがらないほど、本当に当惑させるものだ。スナイパーの背後にいるのはヤヌコビッチでなく、新連合の誰かだというきわめて強い理解がある。」としたうえで、「新連合はもはや信用できない」としている。なお、この会話を本物だとパエト外相は認めている。

|

« 順番を待つ豚 | トップページ | ファシストの脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55360888

この記事へのトラックバック一覧です: ヤツェニュクが訪米:

« 順番を待つ豚 | トップページ | ファシストの脅威 »