« ALPS期待外れ | トップページ | 何をもって「強制連行」と »

2014年3月20日 (木)

慰安所運営=米軍文書

●聯合ニュース

旧日本軍が付帯施設として慰安所運営=米軍文書

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/03/14/0200000000AJP20140314001000882.HTML
2014/03/16 06:00

【ワシントン聯合ニュース】旧日本軍が軍の付帯施設として慰安所を運営していたことが14日(現地時間)、米軍が作成した文書で確認された。

 聯合ニュースが米国立公文書記録管理局を通じ入手した米軍の機密解除文書によると、連合軍の東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC)が1945年4月にビルマ(現ミャンマー)で逮捕した日本兵捕虜に軍の付帯施設の一つとして慰安婦を置いていたかを尋問したところ、この捕虜はマンダレー近郊のメイミョに慰安婦が置かれていたと答えた。

 別の機密解除文書では、1945年4月25日に米軍の情報員が中国人の女性看護師から聞いた話として、日本陸軍の軍医が毎週金曜日に中国・満州の慰安所を訪れ女性らの検診を行っていたことが分かった。この慰安所には1級に分類される日本人女性が20人、2~4級に分類される朝鮮半島出身の女性130人がいたが、全員が性病にかかっていたという。

 両文書は慰安婦が旧日本軍の駐留地域に広く置かれていたことを示している。軍医が慰安婦を体系的に管理していたことも確認できる。

 1993年に発表された河野洋平官房長官談話は、旧日本軍が慰安所設置と運営に関与し、慰安婦の募集と移送、管理が総じて本人たちの意思に反して行われたことを認め、謝罪した。しかし、日本の一部勢力は慰安婦の存在自体を否定し、日本政府に河野談話の見直しを迫っている。
 一方、米司法省はこれらの機密文書に基づき独自に調査を行い、慰安所の運営に関し蛮行を働いた旧日本軍の戦犯16人を1996年12月に入国禁止にしたとされる。しかし、司法省は機密解除の時期になっていないとして内容を明らかにしていない。

聯合ニュースが米国立公文書記録管理局を通じ入手した文書=14日、ワシントン(聯合ニュース)
*********

このような資料はいくらでも出てくるし、本人の証言もたくさんある。政治家が否定することは、認めたくないのか、それとも本当にないと信じているのか、どちらかだろう。認めたくない人々にとっては、なにを持ってこられても、こんなのはウソでありデッチアゲでしかないというだろう。なかったと信じている人は、よほどの不勉強としかいいようがない。自らの無知を知らない者は歴史の事実も真実も分からないだろう。

恥ずかしげもなく、検証するというのだから、まったく恥の上塗りである。検証した結果、事実はよくわからないとでもいうのであろうか。認めるとも認めないともいえず、曖昧なままにしておくのかもしれない。

|

« ALPS期待外れ | トップページ | 何をもって「強制連行」と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55440260

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安所運営=米軍文書:

« ALPS期待外れ | トップページ | 何をもって「強制連行」と »