« アベノミクスの経済効果?! | トップページ | 生活圏で焼却処理をする »

2014年3月 5日 (水)

生活保護基準下げ

生活保護基準下げ 県内86人が再審査請求

2014年03月05日(水)

 2013年8月の生活保護基準額引き下げの取り消しを求める全国一斉の審査請求運動で、愛媛県内の受給者86人が4日までに、厚生労働相宛ての再審査請求書を提出した。

 県内では13年9月、200人以上が知事に審査請求したが、棄却の裁決が相次いでいた。県内の弁護士や司法書士らが代理人となり、委任状を添えて郵送した。

 再審査請求書では、生活保護減額で「健康で文化的な最低限度の生活を下回る生活を余儀なくされた」とし、憲法や生活保護法に違反していると指摘。受給者が厚労省の職員に直接生活の実情を訴える「口頭意見陳述」の機会付与も申し立てた。

 代理人の一人で「生存権裁判を支える愛媛の会」代表の鈴木靜愛媛大准教授によると、再審査請求が認められない場合、処分取り消しを求め行政訴訟を起こすことができる。夏ごろを目標に全国で一斉提訴する動きもあり、県内で原告になる意思を示す受給者がいるという。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20140305/news20140305195.html
「愛媛新聞」
*******

消費税が上がる中で、保護費を引き下げるなど、なんとひどいことだろう。社会的弱者だから、抗議などしたくてもできないだろうと、官僚たちは思ったのだろうか。安倍政権は本当にひどい。企業への手立てはてんこ盛りだが、国民に対してはどこまでも犠牲を強いるのである。

このまま黙っていてはいけない。高知でもなんらかの動きをしなくてはならないと思う。

|

« アベノミクスの経済効果?! | トップページ | 生活圏で焼却処理をする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/55252584

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護基準下げ:

« アベノミクスの経済効果?! | トップページ | 生活圏で焼却処理をする »