« 秘密保護法:身辺調査10万人 | トップページ | 海外識者29人が声明 »

2014年1月 6日 (月)

5億円は、復興予算が流用

FoE Japanの満田です。
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は原発輸出と国税の使い道をめぐる仰天報告です。
FoE JapanではJACSESなど、他のNGOとともに、原発輸出をめぐり経産省・外務省との交渉を重ねてきています。その結果、驚くべき事実が明らかになってきました。

ベトナムで、国税約25億円を投入した原発建設の実施可能性調査が行なわれました。すでに報道もされていますが、うち5億円は、復興予算が流用されました(怒)。

調査は日本原子力発電(株)(以下、日本原電)が実施しています。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131111-00010000-kinyobi-soci

再三にわたる要請にも関わらず、この報告書はなかなか開示されませんでした。
ようやく、追加の5億円分の報告書が開示されましたが、黒塗りで内容は判別できるものではありませんでした。下記のサイトからスキャンデータをダウンロードできます(真っ黒ですが…)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/25-6c31.html

先行して支出された20億円の補助金の報告書本体は開示すらされていません。
開示されているのは、補助金の「実績報告書」なる会計報告っぽい簡単なものばかり。いったいどのような調査が実施されたのか、さっぱりわかりません。

先般、山本太郎事務所においてこの件について経産省と会合を持ちました。すると、「補助金なので、成果物の所有権は日本原電にあり、経産省としては徴求していない」との回答が…。

この補助金は、「低炭素発電産業国際展開調査事業費補助金」というもので、日本原電一社にしか支給されていないものです。(それもそもそも、怪しげです)

しかし、いかに補助金といえども、20 億円も費やした調査の報告書を徴求しない

これでは第三者の専門家が、調査の妥当性を検証できないばかりか、国税の使い道が適正だったかどうかも不明です。

FoE Japanは、他の市民団体のみなさま、プラント技術者のみなさま、国会議員のみなさまとともに、この問題を徹底的に追及していきます。

|

« 秘密保護法:身辺調査10万人 | トップページ | 海外識者29人が声明 »

コメント

ご参考までに)
★okeraのいつも青空脱原発さん
宇都宮健児さん、「一本化せよ」に吼える
http://blogs.yahoo.co.jp/okerastage/11979528.html
*今日金曜日は、首相官邸・国会前デモに宇都宮さんがみえるようです。
おけらもお会いして、激励したいと考えています。
●琵琶
★【部分転載】原発ゼロは、30年後でも良い!ぶれまくるお殿様!
: http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/32495136.html
★桝添さん、細川さん,違いが判りません!!!一本化されては!?
http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/32493465.html
★【部分転載】細川氏、柏崎原発再稼働容認か?早くもブレる!
http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/32491156.html
★【転載】97万人の信頼とこの選挙を戦うぞという支援者の方々を裏切ることはできません。決めるのは都民なんです。: http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/32491636.html
★細川元首相の出馬の背景―ねらう野党再編
細川・小泉連合の真の狙いは、脱原発ではなく、二大政党制の復活で、民主勢力分断にある。
http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/32491023.html


投稿: 琵琶玲玖 | 2014年1月17日 (金) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54505335

この記事へのトラックバック一覧です: 5億円は、復興予算が流用:

« 秘密保護法:身辺調査10万人 | トップページ | 海外識者29人が声明 »