« 北ミサイル念頭に | トップページ | 秘密保護法:身辺調査10万人 »

2014年1月 5日 (日)

普天間基地 自動車デモ

普天間基地撤去へ 自動車デモに70人

2014年1月4日 05:20
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60019
「沖縄タイムス」


 【宜野湾】普天間基地一周新春自動車デモ(主催・普天間基地撤去をめざす宜野湾市民協議会)が3日、普天間飛行場周辺であり、同飛行場の即時撤去や名護市辺野古への新基地建設反対を訴えた。

 宜野湾市役所で開かれた出発前の集会には市民団体を中心に約70人が参加。知念吉男事務局長は「オスプレイが強行配備され、市民に騒音と墜落の危険性という苦痛を与えている。米軍優先の政治を許すことはできない」と訴えた。

 アピール文では、仲井真弘多知事の辺野古沖の埋め立て承認を「県民を裏切る暴挙」と批判した。

 集会後、参加者は横断幕を掲げた約30台の車で飛行場周辺を走り、普天間飛行場の即時撤去をアピールした。

*******

普天間基地では、正月3日からオスプレイが轟音をひびかせて訓練している。
彼らにとっては、クリスマスが過ぎれば、後は平日と同じことなのだ。日本人がいかに新年の正月を大事に思っているかなど関係ないのだ。すべての基準はアメリカしかないのである。他国の文化や価値を尊重する気など毛頭ない。在日米軍の存在そのものが、アメリカの利益のためだからだ。

自動車デモでの意思表示はユニークな取り組みだ。私たちもやってみたい。

|

« 北ミサイル念頭に | トップページ | 秘密保護法:身辺調査10万人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54494317

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地 自動車デモ:

« 北ミサイル念頭に | トップページ | 秘密保護法:身辺調査10万人 »