« 辞任要求決議全文 | トップページ | 名護市長選:違い鮮明 »

2014年1月13日 (月)

通常国会で憲法解釈変更

通常国会で憲法解釈変更 政府検討、集団的自衛権

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014011201001224.html

「東京新聞」

 政府は12日、集団的自衛権行使を容認するための憲法解釈変更を通常国会中に行う方向で検討に入った。安倍晋三首相が設置した「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は、行使を容認する報告書を4月に政府へ提出する予定で、政府は受け取ってから会期末までに方針を打ち出すとみられる。解釈変更に伴う関連法整備は秋の臨時国会以降となる見通しだ。

 安全保障担当の礒崎陽輔首相補佐官が東京都内で記者団に明らかにした。通常国会は24日に召集され、延長がなければ6月22日が会期末となる。
(共同)
*******

憲法解釈を変更すること自体が違憲行為だと思うのだが、こんなことが国会でまかり通るなら、憲法の存在意義が問われる。もはや、法治国家でも民主主義国家でもなくなる。

そのうち、天皇は象徴でもあるが元首としての意味もあるなどと、都合よく解釈して、自衛隊はもとよりいろいろな政治の場に登場させ、その権威を利用することもできていくだろう。

武力による紛争解決、国としての交戦権を禁じているのに、どうして集団的自衛権など行使できるのか。

|

« 辞任要求決議全文 | トップページ | 名護市長選:違い鮮明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54586478

この記事へのトラックバック一覧です: 通常国会で憲法解釈変更:

« 辞任要求決議全文 | トップページ | 名護市長選:違い鮮明 »