« 国民より国家優先 | トップページ | 島根原発2号機安全審査申請 »

2013年12月18日 (水)

一体、これは何なんだ

社説[政策協要請]一体、これは何なんだ

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=59029
「沖縄タイムス」より抜粋

 「県外移設」の文言がなく、口頭での県外要請もなかった。一体、どういうことなのか。これは単なる要請書ではなく、辺野古移設の受け入れ条件を網羅した文章ではないか。そうとしか受け取れないような内容だ。

 安倍晋三首相をはじめ全閣僚、仲井真弘多知事らが出席する沖縄政策協議会(主宰・菅義偉官房長官)が17日、首相官邸で開かれた。

 3月に開かれた政策協で仲井真知事は米軍普天間飛行場の県外移設を要請した。だが今回は、県外移設に言及せず、代わりに「普天間飛行場の5年以内運用停止、早期返還」という表現を盛り込んだ。オスプレイについても配備中止という従来の表現を使っていない。

 「オスプレイ12機程度を県外の拠点に配備」し、「訓練の過半を県外に移転」することや、「普天間飛行場運用停止後、県外移設」することなど、意味不明の体言止めの文言が並ぶ。「日米地位協定の条項の追加等、改定」との文言も分かりづらい。メモ風に急いでまとめ、推敲(すいこう)もせずに提出したような言葉遣いだ。

 唐突な開催といい不自然な内容といい、一体、何があったのか。誰が入れ知恵したのか。

 要請書は政策転換した自民党県連や官邸と水面下で調整したことをうかがわせる内容だ。

 これが受け入れ条件でないとすれば、一体、何なのか。知事は要請の趣旨と内容を早急に、自らの言葉で丁寧に県民に説明すべきだ。

********

突然、仲井間知事が東京入りし、なんだろうと思ったことだった。続く、入院治療というのも、東京滞在の日数を稼ぐためなのかと勘ぐってしまった。

自民党は沖縄の国会議員を恫喝?!続いて、県議も辺野古移転にあっさり切り替わり、今までのオール沖縄の闘いは、いったいなんだったのかと思う。今度は知事まで呼びつけて、またもや沖縄振興等の金で、ねじ伏せるのだろうか。与党議員がみんな寝返ったのだから、知事ひとりががんばるとは思えないのだが・・・それでなくても、県外移設は沖縄の民意に押されて、しぶしぶ態度を変えた知事だから、元に戻るのは我が意を得たり、ということかもしれない。

それにしても、沖縄の声よりも党中央の声に簡単に翻意する議員たちは、やはり自分の保身、うまい汁が大事というだけのことか。

|

« 国民より国家優先 | トップページ | 島根原発2号機安全審査申請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54304700

この記事へのトラックバック一覧です: 一体、これは何なんだ:

« 国民より国家優先 | トップページ | 島根原発2号機安全審査申請 »