« 東電、裁判所の要求を拒否 | トップページ | 7野党そろって街頭演説 »

2013年12月 4日 (水)

7野党 慎重審議要求 

7野党 慎重審議要求 秘密保護法案 抗議集会

2013年12月3日 夕刊「東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013120302000244.html

 民主党、日本維新の会、みんなの党など野党七党は三日午後、特定秘密保護法案をめぐる抗議集会を国会内で開いた。各党の代表者はそれぞれ、法案の慎重審議や廃案を要求。日本維新の会、みんなの党は同法案について与党と修正合意しているが、慎重審議を求める構えだ。

 民主党の福山哲郎元官房副長官は集会で「与党は採決を強行すべきでない」と求めた。みんなの党の浅尾慶一郎幹事長は集会で「議論を尽くさなければならない。慎重審議を求めることを共通認識としたい」と述べた。

 市民団体のデモをブログで「テロ行為」になぞらえた自民党の石破茂幹事長をめぐっても、野党は「撤回すれば済むことではない」(民主党の大畠章宏幹事長)などと反発を強めている。

 野党七党の幹事長・書記局長らは二日、石破氏に強く抗議し、法案の慎重審議を求める共同声明を発表した。
********

すべての野党が慎重審議をもとめているにもかかわらず、自民・公明の安倍政権は、参議院でも強行採決に持ち込むかまえだ。

公明党の山口代表の顔には表情もなく、まるで人形がしゃべっているかのように、今国会で、できると言う。思考停止状態だ。次々とわき起こる国民の反対声明も耳には入らないらしい。権力の中枢に取り込まれた者の末路かと思う。げにげに、権力を握るということには、よほどの魅力があるらしく、魔物に取りつかれたかの如くだと思ってしまった。

いったんは賛成に回ったみんなの党もここにきて、ようやく事の重大さを感じたのであろうか、国民の声の大きさにひるんだのであろうか、このまま政権にすり寄る方針に迷いが出てきたらしい。公明党より少しはましというべきか。

時間をかければかけるほど、国民の反対は大きくなることが必至だから、とにもかくにも、今、なにやら分からないままの法案の状態で成立させておこうというのが、自公の本音だろう。だが、たとえ強行可決しても、私たちは闘いつづける。デモがテロといわれて、牢獄送りとなってもだ。
国家によって無念の死を強要された幾百万の人々の犠牲の上に得た国民の民主主義だ。戦前の過ちを再び繰り返しては、彼らの死が無駄死になるではないか。12月8日は目前だ。

|

« 東電、裁判所の要求を拒否 | トップページ | 7野党そろって街頭演説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54140941

この記事へのトラックバック一覧です: 7野党 慎重審議要求 :

» 秘密保護法,誰が賛成した? [へなちょこ自然保護]
 日本から民主主義をなくして近隣の某国のようにしてしまおうという「特定秘密保護法」.これほどの悪法が,こともあろうに賛成多数で衆院を通過したのが11月26日.どういう議員が「賛成」したのか,その名簿を転載しておく.出典は「20131126秘密保護法賛否名簿_衆院」 https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Agqu7zgOnyYYdDVSZHZyTERRMnd2QzI5Um93TUNodkE#gid=0 である.  「賛成」した議員は,日本から言論の... [続きを読む]

受信: 2013年12月 4日 (水) 17時55分

« 東電、裁判所の要求を拒否 | トップページ | 7野党そろって街頭演説 »