« 一体、これは何なんだ | トップページ |  鳥取県議会 »

2013年12月18日 (水)

島根原発2号機安全審査申請

鳥取県が「容認」回答 島根原発2号機安全審査申請

http://www.nnn.co.jp/news/131218/20131218008.html
「日本海新聞」より抜粋

 中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町)の安全審査申請について、鳥取県と境港、米子両市は17日、中電に容認の考えを伝えた。条件として再稼働時に立地自治体と同様の対応を行うよう求め、中電と結ぶ原子力安全協定の改定を要望した。


 県は覚書に基づき、島根県にも同日付で同様の文書を送付。島根県は鳥取県側の意見も踏まえ、中電に「了解」の意向を伝える。

 鳥取県は中電への回答で、再稼働に向けての手続きは立地自治体と同等に対応するよう要望。住民説明会の開催や汚染水、炉心溶融や放射性物質の大量放出といった過酷事故、地震・津波の対策など7項目で「誠意ある対応」を求めた。

********

伊方原発再稼働がトップかと反対の力を注いでいたら、中国電力も着々と準備を進めているのだ。上関原発新設もあきらめてはいないだろう。

どこもかしこも、ただただ金儲けの百鬼夜行だ。人は自然と共に生き、自然を守って生きなければ、その先に未来はないというのに。資本主義経済は、どこまで行っても、今だけ、金だけ、自分だけなのだ。私的所有には制限が必要だ。しかし、もはやその歯止めはない。フクイチ事故は日本を変えなかった。革命しかないかもしれない。

|

« 一体、これは何なんだ | トップページ |  鳥取県議会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54305020

この記事へのトラックバック一覧です: 島根原発2号機安全審査申請:

« 一体、これは何なんだ | トップページ |  鳥取県議会 »