« 地下観測用井戸のトリチウム | トップページ | 内部告発制度 »

2013年11月 5日 (火)

東電を破綻させない

原発事故:Q&Aで読む…東電を破綻させない、その訳は?

毎日新聞 2013年11月05日 06時50分
http://mainichi.jp/select/news/20131105k0000m020121000c.html

東電支援と事故処理の枠組み
拡大写真 政府・自民党は東京電力福島第1原発事故の事故処理費用の一部に国費を投入する方向で、現行の事故処理対策の見直しに入った。野党の一部などには、東電を破綻させて銀行など債権者にも責任を負わせ、国民負担を軽くすべきだとの声もあるが、政府は否定的だ。東電の破綻処理は難しいのか、Q&Aで検証した。【大久保渉】

 ◇Q 福島第1原発の事故処理対策はどうなっているの?

 A 賠償や除染などの費用は、すべて東電が支払います。ただ、巨額なので、放っておけば東電は債務超過に陥り、破綻してしまうでしょう。このため国は、「原子力損害賠償支援機構」を通じ、東電に1兆円を資本注入するとともに、5兆円を上限に賠償費用を貸し付ける仕組みを作りました。ただ、事故処理費用はこの上限を超えて10兆円規模に膨張しそう。東電は毎年の電気料金収入で、公的資金を返済しますが、返済期間は数十年に及ぶ可能性があります。政府・与党は「東電任せだと、対策が滞りかねない」として、除染や汚染水対策では国が前面に出ることにし、汚染土などを保管する中間貯蔵施設などに税金を投じる方向です。

 ◇Q 国費を投じるなら、破綻で責任を取らせるのが筋では?

 A 「会社更生法で法的整理し、資本金をすべて取り崩して株主責任を問うとともに、融資債権の大幅カットで銀行にも負担をおわせ、その分を賠償支払いなどに充当。国は足りない分を補えばよい」(政策研究大学院大学の福井秀夫教授)との議論もあります。事故直後にも、政府・与党内で破綻処理の選択肢が議論されました。

 ◇Q なぜそうしないの?

 A 電力会社の債務返済は、社債が優先されると電気事業法で決められており、破綻処理が普通の会社と異なります。電力会社は長期資金を、主に社債でまかなってきました。東電の社債残高は約4・4兆円。金融機関などが保有していますが、この返済が優先されれば、損害賠償が後回しになる心配があります。社債を返済しないと、金融市場が混乱する恐れも指摘されました。国は事故後、東電に対し1兆円を出資しており、これも紙くずになりかねません。

 ◇Q それでも、国費を投入する一方で銀行などが「無傷」というのは理解できないな。

*******

結局は、大手銀行に損をさせないためということか。儲けは大企業に、穴埋めは国民にしてもらうというのでは、あまりにも虫が良すぎる。東電の破綻は当然のことだろう。

この国では、道理も通らなければ、国民の民意も通らない。あるのは、大手財界の儲けだけだ。

|

« 地下観測用井戸のトリチウム | トップページ | 内部告発制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/53840589

この記事へのトラックバック一覧です: 東電を破綻させない:

« 地下観測用井戸のトリチウム | トップページ | 内部告発制度 »