« TPPが脅かすもの | トップページ | キャスター8人が声明 »

2013年11月11日 (月)

「さよなら原発!集会」に1万人

九州電力:「さよなら原発!集会」に1万人 福岡

毎日新聞 2013年11月11日 

http://mainichi.jp/select/news/20131111k0000e040097000c.html

九州電力玄海、川内両原発の再稼働に反対する「さよなら原発!九州沖縄集会」が10日、福岡市中央区の舞鶴公園であった。各地から約1万人(主催者発表)が参加し、九州・沖縄の脱原発集会としては約1万5000人(同)が参加した2011年11月以来の大規模集会となった。

 集会では、福島第1原発事故の元政府事故調委員、吉岡斉・九大教授が「何十兆円もの損害が発生し収束に100年かかる事故がいつ起こるかわからないのが原発だ」と指摘。事故後に福島から京都に移住した元宇宙飛行士、秋山豊寛氏が「事故が起きればその地域の人たちは政府から捨てられる」と訴えた。最後に「子供たちが安心して過ごせる未来のため原発ゼロの声を上げる」とする集会宣言が読み上げられた。

 集会後には参加者が3ルートに分かれ「原発いらない」「命が一番」などとシュプレヒコールを上げ九電本店前などをデモ行進した。【関谷俊介】

*******

九州、中四国の原発で事故が起きれば、日本全体が汚染される。かろうじて残っている西日本の国土を守らなければならない。でなければ、子々孫々にわたって、被曝を強要することになる。

12月1日には、松山で1万人集会が計画されている。伊方原発再稼働を阻止しなくてはならない。

|

« TPPが脅かすもの | トップページ | キャスター8人が声明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/53905569

この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら原発!集会」に1万人:

« TPPが脅かすもの | トップページ | キャスター8人が声明 »