« 秘密保護法強行採決怒り | トップページ | 佐藤首相の密使 覚悟の密約公開 »

2013年11月27日 (水)

沖縄県連が辺野古容認

普天間移設:自民・沖縄県連が辺野古容認 公約を撤回

毎日新聞 2013年11月27日 
http://mainichi.jp/select/news/20131127k0000e010223000c.html
「以下抜粋」

 自民党沖縄県連は27日の県議団議員総会で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設を容認する方針を決めた。週末の県連総務会で正式決定する。

県連は2009年末に辺野古移設容認から県外移設要求へ立場を転じ、10年以降の国政選で「県外」を県連独自の公約として戦ったが、事実上の公約撤回になる。県連所属の国会議員5人も25日に辺野古容認で一致しており、辺野古沿岸部の埋め立て申請を巡る仲井真弘多(なかいまひろかず)知事の判断にも影響する可能性がある。【井本義親、佐藤敬一】

・・・・・・・・・・・・

名護市長「辺野古容認情けない」 那覇市議14人が役員辞任

2013年11月27日 20時09分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013112701001745.html
「東京新聞」


 沖縄県名護市の稲嶺進市長は27日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設容認に転じた自民党沖縄県連を批判した。那覇市で記者団に「政治家の命である公約を翻すのは考えられない。情けない」と語った。

 一方、自民党の那覇市議17人のうち14人は急きょ、記者会見を開催。衆院沖縄1区支部長の国場幸之助衆院議員による辺野古容認への方針転換に抗議し、支部役員を辞任すると発表した。

 金城徹市議は、市議会で5回にわたり県外・国外移設を求める意見書を可決したと強調し、不快感を示した。
(共同)
*********

これは、いったい何なのだ、と思う。国会議員から県議まで、たちまち坂を転げ落ちたのだ。安倍政権の強さ?!を見て、寄らば大樹の陰、となったのか。裏で金が動いたのか、それともなんらかの脅しでもあったのか。

議員と名のつく者、結局は、我が身がかわいいだけ、ということらしい。県民の願いなど二の次三の次ぎなのだ。正体見たり!である。公約とはなんなのか、と思うが自民党中央がTPPなど、堂々と公約破りをするのだから、そんなもの、あってなきが如くでしかりということらしい。この国の形ばかりの民主主義さえ、合法的にこわされようとしている。沖縄にも秘密保護法の威力が効いてくるだろう。

これでは、知事も元に戻って、辺野古承認となるかもしれない。沖縄県民の民意を踏みにじることになる。同じ県民の手によって分断されることが、一番悲しい。

|

« 秘密保護法強行採決怒り | トップページ | 佐藤首相の密使 覚悟の密約公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/54075304

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県連が辺野古容認:

« 秘密保護法強行採決怒り | トップページ | 佐藤首相の密使 覚悟の密約公開 »