« シリアの武装諸大隊 | トップページ | モンサント保護法の破棄 »

2013年10月 1日 (火)

田中委員長「認識せず」

田中委員長 汚染水問題の責任「認識せず」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130930/k10014924301000.html
「NHK」より抜粋は

9月30日 19時6分衆議院経済産業委員会は、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を巡って閉会中審査を行い、原子力規制委員会の田中委員長は「原発の安全確保は事業者が一義的に責任を負うべきで、原子力規制委員会に汚染水問題の責任があるとは認識していない」と述べました。

衆議院経済産業委員会は30日、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を巡って、茂木経済産業大臣や原子力規制委員会の田中委員長らに出席を求めて閉会中審査を行いました。

この中で田中委員長は、汚染水問題に関する原子力規制委員会の責任について「汚染水に限らず、原発の安全確保は事業者が一義的に責任を負うべきものだ。原子力規制委員会は、東京電力を規制する立場にあり、汚染水対策を含めて廃炉に向けた計画を審査し、認可しているが、汚染水問題の責任があるとは認識していない」と述べました。

また田中委員長は、安倍総理大臣が先のIOC=国際オリンピック委員会の総会で、汚染水問題に関連して「状況はコントロールされている」と述べたことについて、「コントロールできているのかいないのかを、今ここで科学的に定義するのは困難だが、環境や生活に影響が出ないようにすることが大事であり、対策に全力を尽くしたい」と述べました。


********

いやはや恐れ入った発言だ。規制委員会は、審査、認可はするが、事故が起きたときの責任は電力会社にあるというのだ。事故が起きないようにするための審査ではないのか。事故が起きても、自分たちには責任がない?そんな危険な炉にゴーサインを出しておきながらでも?事故の処理は会社がせよで、事故後の責任は無いと言うのか。

汚染水がコントロールされているかは定義できない!海へ垂れ流している現実を認識できない?専門家ともあろうものが。言わしてもらうが、専門家でなくても普通の国民はみなわかっていることだ。よくも、こんな発言ができるものだ。

目の前の、現実にさえ対処できないのなら、再稼働の認可などすべきではない。おバカな保安院と同じレベルだ。
事故処理の能力もないから、認可の審査だけするなら、完全に原発再稼働推進委員会だ。事故後の責任も負えないなら、審査能力もないと言わねばならない。なんと無能な委員会であることか。解散だ。

|

« シリアの武装諸大隊 | トップページ | モンサント保護法の破棄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/53448197

この記事へのトラックバック一覧です: 田中委員長「認識せず」:

« シリアの武装諸大隊 | トップページ | モンサント保護法の破棄 »