« 知る権利はつけ足しか | トップページ | 安全保障環境の激変 »

2013年9月21日 (土)

1日600億ベクレル放出

外洋に1日600億ベクレル放出 福島原発、気象研の研究官報告

2013年9月18日 23時16分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013091801001988.html
「東京新聞」

 【ウィーン共同】東京電力福島第1原発の汚染水問題をめぐり、気象庁気象研究所の青山道夫主任研究官は18日、国際原子力機関(IAEA)の科学フォーラムで、原発北側の放水口から放射性物質のセシウム137とストロンチウム90が1日計約600億ベクレル、外洋(原発港湾外)に放出されていると報告した。

 セシウム137の半減期は約30年、ストロンチウム90は約29年。原子炉建屋地下からいったん港湾内に染み出た後、炉心溶融を免れた5、6号機の取水口から取り込まれ、北側放水口から外洋に放出されている。東電は「法定基準以下の濃度と確認して放水しており問題ない」としている。

********

法定基準以下の濃度だから問題ないとは?
薄めればよい、ということか。濃度の問題であって、量は、おかまいなし?
こんなことがまかり通っているのか。

|

« 知る権利はつけ足しか | トップページ | 安全保障環境の激変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/53331193

この記事へのトラックバック一覧です: 1日600億ベクレル放出:

« 知る権利はつけ足しか | トップページ | 安全保障環境の激変 »