« 東電のホンネ | トップページ | ヘリ墜落連絡は2時間後 »

2013年8月 8日 (木)

福島第1原発の汚染水流出

福島第1原発の汚染水流出 規制委、異例の陣頭指揮


 福島第1原発の汚染水の海洋流出問題で、原子力規制委員会が異例の陣頭指揮を執っている。汚染水対策など廃炉作業の監督は本来、経済産業省の役割だが、海洋流出に対する動きは鈍い。規制委の突出ぶりは、事態の深刻さへの焦りと対応が後手に回る東京電力へのいら立ちの裏返しと言えそうだ。(東京支社・若林雅人)

 「規制機関が踏み出すべき領域かどうか疑問もあるが、リスクが高まっている」
 規制委が2日に開いた汚染水対策作業部会の初会合。座長役の更田豊志委員は開催理由をこう説明し、早速東電から聴取を始めた。東電が「調査する」「検討する」と答えた事項について「次回、耳をそろえて持ってきてほしい」と強い口調で要求した。
 
 規制委の再三の警告にもかかわらず、エネ庁や対策委に目立った動きはなかった。エネ庁事故収束対応室は「汚染水対策のマネジメントはエネ庁だが、放射性物質の外部流出など安全管理は規制委が担う」と役割分担を理由に挙げた上で、「対策委が今後どう関わっていくべきか検討している」と説明する。
 規制委の会合では「緊急対策が必要な際に国の関与が明確でない」と、エネ庁を念頭に置いた苦言も出た。規制委事務局の原子力規制庁事故対策室は「規制委で対策を検討しても東電に実行させるのはエネ庁。責任の大きさは分かっているはずだ」と自覚を促す。
 福島県の内堀雅雄副知事は6日、規制庁と経産省を訪ね、国が前面に立った対処と監視を要望した。赤羽一嘉経産副大臣との会談後、内堀副知事は「経産省は廃炉対策の所管省庁。東電と一体でしっかり対応してほしい」とくぎを刺した。


2013年08月07日水曜日
「河北新報」より抜粋
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130807t63010.htm
********

この非常事態に、政府も東電も事の重要性も認識できず、のんべんだらりと現状追認するばかりで、処理能力も責任感もないのだ。省庁の縦割りも規制委員会の別もなく、広く、国民に知恵と技術を求めて一刻も早く対処しなければならない。

再稼働審査などしているときではないのだ。経営の金儲けの心配などしているときではないのだ。集団的自衛権や敵国攻撃能力の検討などしているときではないのだ。仮想敵国から国をまもることより、日本の国民の命と国土を守らずして、一体何を守るというのか。

マスコミは相変わらず、報道も追求も調査もしない。だが、国民は声を上げなくてはならない。遠からぬ内部被曝を最小限に食い止めるために。

|

« 東電のホンネ | トップページ | ヘリ墜落連絡は2時間後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/52787154

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発の汚染水流出:

« 東電のホンネ | トップページ | ヘリ墜落連絡は2時間後 »