« 原子力規制委400人増? | トップページ | 改憲より[地位協定見直し] »

2013年8月19日 (月)

大飯活断層、認めぬ可能性

大飯活断層、認めぬ可能性=次回関電データ提出で-調査団、意見まとまらず・規制委

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013081900731
「時事ドットコム」

 国内で唯一運転中の関西電力大飯原発(福井県おおい町)の重要施設下に活断層があると指摘されている問題で、原子力規制委員会の専門家調査団は19日、評価会合を開いた。意見はまとまらなかったが、座長役の島崎邦彦委員長代理は「(関電の主張する)事実に沿うようなデータが出てくれば、それで決着になると思う」と述べた。次回会合で関電が調査団の要求を満たすデータを提出すれば、活断層を認定しない方向で結論がまとまる可能性が出てきた。

********

意見がまとまらなくても、関電のデータで判断、決着とは。電力会社追認の規制委員会ではないか。安全神話の踏襲。これでは、第二、第三のフクイチは時間の問題だろう。地震はいつ起きるとも分からないのだから。

|

« 原子力規制委400人増? | トップページ | 改憲より[地位協定見直し] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/52946037

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯活断層、認めぬ可能性:

« 原子力規制委400人増? | トップページ | 改憲より[地位協定見直し] »