« 原発再稼働との「二択」理不尽 | トップページ | 原子力機構改革 「居直り」 »

2013年8月14日 (水)

安保法制懇 北岡伸一 座長代理

集団的自衛権巡り、「歴代内閣の憲法解釈は間違い」

 安倍政権で集団的自衛権に関する議論を進めている有識者懇談会の北岡伸一座長代理はJNNのインタビューに応じ、「集団的自衛権の行使は憲法上許されない」としてきた歴代内閣の憲法解釈は「間違っている」として、年内に、解釈の全面的な変更を求める提言をまとめる考えを示しました。

 「私どもの多くはね、今の内閣法制局の集団的自衛権についての考え方は、間違っていると思っているのです、最初から。集団的自衛権を一切行使できません、というのは間違っていると。それを変えてほしいと」(安保法制懇 北岡伸一 座長代理)

 集団的自衛権とは同盟国が武力攻撃を受けた場合に自分の国への攻撃と見なして反撃できる権利のことで、安倍総理の私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」で研究が進められています。この安保法制懇の北岡座長代理は、JNNのインタビューで、歴代の内閣がとってきた「集団的自衛権の行使は憲法上、許されない」という解釈について「間違っている」と指摘しました。その上で、北朝鮮の核開発や中国の領海侵犯の問題など、日本を取り巻く環境が以前とは大きく異なっているとして、早期に憲法解釈を変更する必要があるという考えを強調しました。

 「本当に問題なら憲法を変えればいいじゃないかと言われますけど、憲法を変えるのに大変な手間がかかるんですよね。それで安全保障は安全保障で現実に待ってくれない状況があるわけですよ。その間、非常に危険な事態が起こったら一体どうするのか」(安保法制懇 北岡伸一 座長代理)

 北岡氏は、来月から懇談会の議論を再開し、11月末から12月初めには報告書をまとめたいとしています。(14日09:58)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2005229.html
「TBS」
*******

間違っているのは、北岡氏の方だ。憲法は、日本国の武力も交戦権も否定している。紛争解決に、戦争を手段としない、と書いてある。話し合いによる外交でやっていくといっているのである。どこから、集団的自衛権などでてくるというのか。

憲法を変えるのは時間がかかるから、都合のいいように解釈を変更していくなどと、よく言えたものだ。これでは、日本には憲法も法律も裁判所もいらなくなる。あるのは、ときの政権と警察と軍隊だけだ。これほどまでに、法治国家を無視する者を有職者というのか。
ナチスの手口を褒めた麻生副総理はニンマリしていることだろう。国民をナメてはいけない。

|

« 原発再稼働との「二択」理不尽 | トップページ | 原子力機構改革 「居直り」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/52879118

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制懇 北岡伸一 座長代理:

« 原発再稼働との「二択」理不尽 | トップページ | 原子力機構改革 「居直り」 »