«  伊方「おおむね問題無し」 | トップページ | 福島第一汚染2年以上続く? »

2013年8月 1日 (木)

あの手口を学んだらどうか

あの手口を学んだらどうか 麻生氏の発言要旨


麻生太郎副総理兼財務相の二十九日の講演における発言要旨は次の通り。

 日本が今置かれている国際情勢は、憲法ができたころとはまったく違う。護憲と叫んで平和がくると思ったら大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧だ。改憲は単なる手段だ。騒々しい中で決めてほしくない。落ち着いて、われわれを取り巻く環境は何なのか、状況をよく見た世論の上に憲法改正は成し遂げられるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない。

 ドイツのヒトラーは、ワイマール憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ憲法(の下)で出てきた。憲法が良くてもそういったことはありうる。

 憲法の話を狂騒の中でやってほしくない。靖国神社の話にしても静かに参拝すべきだ。国のために命を投げ出してくれた人に敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かにお参りすればいい。何も戦争に負けた日だけに行くことはない。

 「静かにやろうや」ということで、ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか。僕は民主主義を否定するつもりもまったくない。しかし、けん騒の中で決めないでほしい。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013073102000110.html
「東京新聞」

・・・・・・・

麻生氏講演:米のユダヤ系人権団体が抗議


 麻生太郎副総理兼財務相が29日、東京都内で憲法改正に関し「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口に学んだらどうか」と講演していた問題で、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・米ロサンゼルス)は30日、「一体どんな手口をナチスから学べると言うのか」と題した抗議声明を発表し、麻生太郎副総理がすぐに発言の真意を明確に説明するよう求めた。

 声明では、「どんなナチスの統治が学ぶに値するのか。人目を盗んで民主主義を駄目にすることか」と皮肉った上で、「ナチス政権の台頭が世界を急速に深淵(しんえん)へと追いやり、人類を計り知れない第二次世界大戦の恐怖に陥れたかを、麻生副総理は忘れたのか」と批判。その上で「世界が学ぶべき教訓は、権力の座にある者はナチスのように振る舞うべきでないということだけだ」と結論づけた。

 同センターは反ユダヤ主義を監視し、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人大虐殺)の教訓を伝える活動を続けている。【坂口裕彦】

2013年07月31日 21時00分「毎日新聞」

http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130801k0000m030066000c&inb=sns
********

「理性を働かさなければ(ワイマール憲法を)支持できず、感情に従えば支持できない」
敗戦による当時のドイツのひどい経済状況にあえぐ国民の気持ちであろうか。

最低投票率をもうけず、大統領内閣にし、全権委任法をつくるのか。

1919年、ワイマール憲法が成立した。憲法の柱は次のとおり。

主権在民
男女平等の自由選挙
労働者の団結権、団体行動権の確立
生存権、社会権を世界ではじめて認める
青少年と家庭の保護を国民の義務とする

敗戦によって作られた世界の先端をいく憲法もヒトラーによって踏みにじられた。日本の平和憲法を壊してよいものか。その先には、軍の専制が待っている。

|

«  伊方「おおむね問題無し」 | トップページ | 福島第一汚染2年以上続く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/52688690

この記事へのトラックバック一覧です: あの手口を学んだらどうか:

» 簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?) [マスコミに載らない海外記事]
2007年4月 24日火曜日、9:50 am ナオミ・ウルフ著、ガーディアン掲載、 2007年4月 24日火曜日 昨年秋、タイで軍事クーデターがあった。クーデター指導者は、まるで買い物リストでももっているかのように、むしろ計画的に、複数の対策を講じた。ある意味で、彼らは「買い物リスト」をもっていたのだ。数日の内に、デモ... [続きを読む]

受信: 2013年8月 2日 (金) 22時30分

«  伊方「おおむね問題無し」 | トップページ | 福島第一汚染2年以上続く? »