« 捜査対象車にGPS端末 | トップページ | 水で冷やすというやり方は »

2013年8月23日 (金)

堰の排水弁すべて開放

タンク汚染水漏れ 堰の排水弁すべて開放 海に流出可能性大

2013年8月22日 朝刊

 東京電力福島第一原発のタンクから三百トンの汚染水が漏れた問題で、東電は、ほとんどのタンク群の周りに水を食い止めるコンクリート製の堰(せき)を設けたのに排水弁をすべて開けていたことが分かった。今回の漏出事故では、大量の汚染水が排水弁から堰の外に漏れ、土のうを越え、近くの排水溝から海に汚染が広がった可能性が高い。 

 汚染水漏れが起きたタンク群には、二十六基のタンクがあり、これを囲む堰の二十四カ所に弁が設置されている。東電は、汚染水が漏れても広がらないよう堰を設けたが、堰内に雨水がたまると汚染水漏れが発見しにくくなるとして、弁を開いたままにして雨水が抜けるようにしていた。

 しかし、弁が開いていたことで、漏れた汚染水は簡単に堰の外に出た。外部には土のうが積んであったが、土に染み込むなどしてその外側に漏れ出した。

 二十一日には、問題のタンク群から排水溝に向かって水が流れた跡が見つかったほか、排水溝内でも汚染水が土砂とともに流れた跡が見つかった。放射線量も毎時六ミリシーベルトと高かった。排水溝は海に直結していることから、汚染水が海に流れた可能性は低いとしていた東電も、海洋汚染があることを前提に対応していく考えを示した。

 排水弁が閉まり、コンクリート堰内に汚染水がたまる運用をしていれば、三百トンのうち半分以上は堰内にとどまった上、水が漏れているのを早期に発見できた可能性が高い。

 原子力規制委員会は今回の事故を国際的な評価尺度で上から五番目のレベル3と評価することを検討しているが、その大きな理由として「安全防護層が残されていない」ことを挙げている。二十一日夜に開かれた汚染水対策を検討する同委の作業部会で、更田豊志(ふけたとよし)委員は、弁が開いていたことに関し、「何のための堰なのか。たまった水が雨水だと確認できてから弁を開けるのが、まっとうなやり方だ」と厳しく批判した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013082202000149.html
「東京新聞」
********

東電は、春にはすでに汚染水を海へ放出したいと公言していた。はじめから、海へ捨てるつもりだったのだ。
タンクも適当な作り、周りの堰も形だけ、排水弁は開きっぱなし。アリバイ的に事故処理しているフリだけして、そのうちいつの間にか海へ流へながしてしまえばよいということだったのだ。安倍政権は何も言わないだろうと。国民にはだまっておいて、こっそりとやればいい。見つかったときには、謝罪会見のひとつもやればすむことだと。

今この時にも汚染水は海に出続け、やがて世界に広がり、もちろんこの土佐湾も汚染され、私たちは放射能混じりの魚を食べることを余儀なくされるのだ。なんとかしなくては・・・

|

« 捜査対象車にGPS端末 | トップページ | 水で冷やすというやり方は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/52991149

この記事へのトラックバック一覧です: 堰の排水弁すべて開放:

« 捜査対象車にGPS端末 | トップページ | 水で冷やすというやり方は »