« あの手口を学んだらどうか | トップページ | 米議会報告書 »

2013年8月 4日 (日)

福島第一汚染2年以上続く?

福島第一 地下水1日400トン海へ 汚染2年以上続く?

2013年8月3日 07時04分

 東京電力福島第一原発の高濃度汚染水が海に漏れている問題で、東電は二日、護岸から一日当たり約四百トンの地下水が海に流出し続けていた可能性があると原子力規制委員会に報告した。護岸近くではトレンチ(配管などを通す地下トンネル)などに大量の汚染水がたまり、同原発の専用港でも汚染拡大が確認されている。たまった汚染水が地下水に混じって、海洋汚染が続いていた可能性がある。

 東電は、陸側の地下水が一日十センチほど動いていることや、2号機周辺の護岸の改良工事を始めた直後から地下水位が上昇してきたことから、コンクリート護岸を越えて海に地下水が流出し続けてきたと推測した。

 流出が始まった時期は不明だが、事故発生二カ月後の二〇一一年五月以降、流出が続いていると仮定し、放射性トリチウムの漏出量を試算、約二年間で二〇兆~四〇兆ベクレルが海に漏れたとはじき出した。福島第一で認められるトリチウムの年間放出量は二二兆ベクレルのため、東電の尾野昌之原子力・立地本部長代理は「通常の管理と差がない範囲。ただ、問題がないと言うつもりはない」と強調した。

 骨などにたまりやすく、より害の大きい放射性ストロンチウムは試算しなかった。

 ただ、東電の観測でも専用港の各所で採取した海水から放出限度を大幅に超える濃度のストロンチウムを検出。汚染が続いているのは確実とみられる。

(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013080390070431.html
「東京新聞」
*******

フクイチからは空にも海にも放射性物質が出ていることは承知だが、問題は、東電がそれを当然の事とし、2年たってもなお、危機感をもって対処しないことである。こっそりのらくらと海へ捨てつづけていくのである。

技術的問題か会社経営陣の問題か、その両方であるのか。いずれにしても、東電だけにまかせてはおけない状況にきている。

膨大な国民の税金を東電につぎ込んでいる国は、東電任せにせず、責任をもって事故処理に当たらなければならない。もちろん、人材も技術も含めてである。私たちの税金が使われているのだから、国民はそれを要求する権利がある。

海の汚染はやがて、土佐湾にも太平洋全域にも広がっていくのである。あるシュミレ-ションによれば、何年後かには汚染は日本海にも及ぶという。私たちは安全な魚を食べられなくなるのである。それでも魚をすべて排除することはできないだろう。食べ物を通して内部被曝を強要されるのである。今、なんとしても海への流入を防がなくてはならないのだ。声を大にして言わなくてはならない。子どもたちの未来の食卓は汚染魚だらけになる。

|

« あの手口を学んだらどうか | トップページ | 米議会報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/52730194

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一汚染2年以上続く?:

« あの手口を学んだらどうか | トップページ | 米議会報告書 »