« 軍事機密を流した米兵 | トップページ | IWJ 6月3日東京集会 »

2013年6月 4日 (火)

八尾市長「市民の安全最優先」

八尾市長がオスプレイ反対表明 「市民の安全最優先」

2013年6月3日 13時59分

 大阪府の松井一郎知事が米軍新型輸送機MV22オスプレイの訓練受け入れを検討していることについて、候補地に浮上した八尾空港の地元、大阪府八尾市の田中誠太市長は3日、「市民の安全確保を最優先に、反対の立場で対応したい」との見解を明らかにした。

 田中市長は「市民生活に大きな影響をもたらす事案で、八尾市との調整や市民への事前説明がないのは遺憾だ」と指摘。府に対し、十分協議するよう申し入れる考えを示した。

 見解は、八尾空港や周辺では、軽飛行機の墜落事故やヘリコプターの事故があったと指摘し「市民の不安感はぬぐえず、八尾空港が選択されるのは反対だ」としている。

(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013060301001473.html
「東京新聞」
********

八尾市へは何も連絡がなかったということか。これはひどい。松井知事には、民主主義も県民の命を守る人権感覚もないということか。維新の会の共通項であろうか。

|

« 軍事機密を流した米兵 | トップページ | IWJ 6月3日東京集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/51897204

この記事へのトラックバック一覧です: 八尾市長「市民の安全最優先」:

« 軍事機密を流した米兵 | トップページ | IWJ 6月3日東京集会 »